Microsoft Build 2019レポート 〜 【その他】振り返り 〜

サイオステクノロジー技術部 武井です。Buildの「ほぼ」リアルタイムレポートをお届けします。いよいよBuildも全日程を終えました。今回はその振り返りを超高速でしてみたいと思います。

  • 「Azure」「Dynamics 365」「Microsoft 365」「ゲーム」の4つのプラットフォームを中心に展開する。「ゲーム」が来たのには個人的にびっくり。Googleも表明しているし、競合多い。
  • スターバックスのユーザーの購買活動をAIで支援する「Deep Brew」のデモを披露し、BlockchainやAIの強化を表明した
  • 会話をリアルタイムに書き起こす「Azure Cognitive Services」の新機能である「Conversation Transcription」を披露した。会議の議事録をリアルタイムにテキストに落とし込むデモを披露。
  • Microsoft Graphの機能強化。マイクロソフトサービスへの様々なデータのアクセスを可能にする。
  • MinecraftのAR版が出るかも?
  • エッジ向けのDBエンジン「Azure SQL Database Edge」が発表された。クラウドで稼働するAzureSQL Database、オンプレミスで稼働するSQL Serverに加えてIoTエッジで稼働するAzure SQL Database Edgeが加わった。
  • Kubernetes-based event-driven autoscalingが発表された。
  • 「Cortana」の取り組みを紹介。Bot FrameworkをベースにしたAI型ボットと会話することで、一日のスケジュール調整を行うデモが公表された。
  • Azure DevOpsの機能の一部である「Azure Pipelines」に「YAMLでのPipelineの定義」「Kubernetesへのデプロイ」という新機能が発表された。
  • なんと、Azure Active Directoryの認証にGitHubアカウントが使えることになった。
  • その逆で、GitHub Enterpriseが、Azure Active Directory認証をサポート
  • Azure App ServiceでVNET統合が使えるようになった。
  • Azure Functionsの新プラン「Premium」を発表。VNET統合や、PowerShellの使用が可能に。
  • WindowsにLinuxカーネルを組み込める「Windows Terminal」を発表。Windowsの中でLinuxがニョロニョロ動く。
  • .NET 5が発表。.NET Coreも取り込む。
  • Durable Functions2.0がプレビュー
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*