【初心者】GithubからAzure App Serviceへ継続的デプロイしてみた。

GithubからAzure App Serviceへ継続的デプロイしてみる

はじめに

App Serviceは、Microsoft Azure が提供するPaaS(Platform as a Service)です。App Serviceは複数の言語とフレームワークに対応しており、ASP.NET、Node.js、Java、PHP、Pythonをサポートしています。
今回はApp ServiceのWeb Appsを利用して、Githubからデプロイしてみます。

Web アプリの作成

  1. Microsoft Azureにサインインします。
  2. 「新規」 > 「Web + モバイル」 > 「Web App」を選択します。
    GitHubAzure1
  3. 「アプリ名」「サブスクリプション」「リソースグループ」「App Service プラン/場所」を選択し、「作成」をクリックします。
  4. 左側の「App Service」 > 「作成したアプリ名」 > 「デプロイオプション」 > 「必要な設定構成」 > 「GitHub」を選択します。
    GitHubAzure2
  5. GitHubのアカウント情報、プロジェクトやbranchなどを選択し「OK」を選択します。
  6. 左側の「App Service」 > 「作成したアプリ名」 > 「デプロイ資格情報」を選択し、必要な情報を入力します。
    GitHubAzure3

テスト用webページの作成

# mkdir btestapp ; cd btestapp
# tee index.html <<-'EOF'
hello world!!
EOF
</pre>
<pre>

ローカルPCからGitHubへデプロイ

ローカルPCからGitHubへデプロイします。

echo "#deploy websites" >> README.md
git init
git add README.md index.html
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/user/atestapp.git
git push -u origin master
Username for 'https://github.com': user
Password for 'https://user@github.com': password

ブラウザから確認

  1. 「App Service」 > 「作成したアプリ名」 > 「プロパティ」に記載されているURLにアクセスします。
    GitHubAzure3
  2. 「Hello world!!」と表示されることを確認します。
    GitHubAzure4

まとめ

今回はGitHubからAzure App Serviceへのデプロイしてみましたが、他にもVisual Studio Team Services, OneDrive, ローカルのGitリポジトリやDropboxなどからデプロイすることも可能です。
Web AppはWeb サイトやWeb アプリケーションを素早くデプロイできて大変便利ですね。

>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*