Adobeの認証とID連携の構成をまとめてみた

★★★ Live配信告知 ★★★

第4回のPS Live配信は、昨年のCloudNative Days Tokyo 2020で、OSSのAPIGatewayでおなじみKongが開発する、サービスメッシュのKumaについて発表を行った槌野が、再びKumaについて語ります!
【2021/6/25(金) 17:00〜17:30】Kumaでメッシュなマイクロサービス リターンズ

こんにちは。サイオステクノロジーの小川です。
今回はAdobeのFederated IDの認証方法とID連携方法についてまとめてみました。

以下で各同期ツールについて紹介していますので、ツールの設定方法については以下をご参照下さい。

Adobe Azure AD Connectorについてはツールが新しくなり、認証の設定とユーザの同期の設定プロセスが別になりました。既存の設定は引き続き利用できますが、今後新しい構成へ移行できる機能が公開されるそうです。
詳細は以下を参照下さい。

これによって、Adobeの認証はAzure ADで行いユーザの同期はオンプレのディレクトリを利用する、またはその逆も利用することになります。(ディレクトリのユーザ情報をAzure ADに連携している必要があります。)

認証と同期組み合わせた構成は以下になります。

IdP 源泉ディレクトリ 選択するIdP設定 利用する同期ツール
Shibboleth IdPまたはその他IdP オンプレディレクトリ その他のSAML IdP User Sync
Shibboleth IdPまたはその他IdP Azure AD その他のSAML IdP Azure Sync
Azure AD オンプレディレクトリ Microsoft Azure User Sync
Azure AD Azure AD Microsoft Azure Azure Sync
Google Google Google(Adobe Google Connector)

 

今後もAdobeの認証・同期の機能が追加されるとこのことなので、柔軟な構成でAdobeを利用することができますね!





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


6 + twelve =