Shibboleth IdPのバージョン3→4への移行

★★★ Live配信告知 ★★★ぜひお申込みください!
◆◇世界一わかりみの深いクラウドネイティブ on Azure◆◇
8/4(木) 19:00~ 第17回:コンテナをサーバーレスでラクラク実行 〜 Azure Container InstancesとDocker CLIで実現 〜 今回は、コンテナをサーバーレスで実行するテクノロジとDocker CLIとの連携を紹介します。
◆◇PS Live◆◇
8/5(金) 12:00~ 第18回:アウトプットはイイぞ 〜サイオステクノロジーLT大会〜 エンジニア初級者向けから、個人ネタまで、エンジニア脳を体感できるプログラムです。

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。今回、新たにリリースされたShibboleth Idpバージョン4ですが、前バージョンの3からの移行をしてみました。

移行について

3をインストール直後のものを4に移行するというケースしか試してませんので、もっと色々複雑な設定を行っているものでは、なにかハマりどころがあるかもしれません(´・ω・`)

移行手順については以下のShibbolethのWikiを参考にしました。

https://wiki.shibboleth.net/confluence/display/IDP4/Upgrading

移行手順

最新のShibbolethをダウンロードします。バージョンは4.0.0とします。そして既存のShibbolethがインストールされているディレクトリは/opt/shibboleth-idpとします。また、アプリケーションサーバーはTomcatを前提としていますが、Jettyとか他のものでも多分変わらないと思います。

# wget https://shibboleth.net/downloads/identity-provider/4.0.0/shibboleth-identity-provider-4.0.0.tar.gz
# tar xzvf shibboleth-identity-provider-4.0.0.tar.gz

 

解凍してできたディレクトリに入って、./bin/install.shを実行します。Shibbolethのwarファイルidp.warが出来上がり、/opt/shibboleth-idp/war/idp.warに配置されます。

# cd shibboleth-identity-provider-4.0.0
# ./bin/install.sh
Buildfile: /root/shibboleth-identity-provider-4.0.0/bin/build.xml

install:
Source (Distribution) Directory (press  to accept default): [/root/shibboleth-identity-provider-4.0.0] ? 

Installation Directory: [/opt/shibboleth-idp] ? 

INFO [net.shibboleth.idp.installer.V4Install:155] - Update from version 3 to version 4.0.0
INFO [net.shibboleth.idp.installer.BuildWar:71] - Rebuilding /opt/shibboleth-idp/war/idp.war, Version 4.0.0
INFO [net.shibboleth.idp.installer.BuildWar:80] - Initial populate from /opt/shibboleth-idp/dist/webapp to /opt/shibboleth-idp/webpapp.tmp
INFO [net.shibboleth.idp.installer.BuildWar:89] - Overlay from /opt/shibboleth-idp/edit-webapp to /opt/shibboleth-idp/webpapp.tmp
INFO [net.shibboleth.idp.installer.BuildWar:94] - Creating war file /opt/shibboleth-idp/war/idp.war

BUILD SUCCESSFUL

 

既存のShibbolethのディレクトリ(/opt/shibboleth-idp)に移動して、./bin/build.shを実行します。既存のShibbolethで適用した変更(例えばweb.xmlの変更など)を適用したidp.warを再生成します。

# cd /opt/shibboleth-idp
# ./bin/build.sh
Installation Directory: [/opt/shibboleth-idp]

Rebuilding /opt/shibboleth-idp/war/idp.war ...
...done

BUILD SUCCESSFUL
Total time: 8 seconds

 

再生成したidp.warをTomcatのwebapp以下にコピーして、Tomcatを再起動します(systemdで管理されているものとします)。

# cp /opt/shibboleth-idp/war/idp.war /usr/local/tomcat/webapps/
# systemctl restart tomcat

 

バージョンが上がっていることを確認します。4.0.0と表示されればOKです。

# cd /opt/shibboleth-idp
# ./bin/version.sh
4.0.0 

まとめ

今後はShibbolethバージョン4が主流となることでしょう。Shibbolethバージョン4に移行して、ステキなShibboleth Lifeを送って下さい!!No Shibboleth,  No Life!!

 





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*