Dockerとは?| オープンソースソフトウェア用語

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
【5/21開催】Azure OpenAI ServiceによるRAG実装ガイドを公開しました
生成AIを活用したユースケースで最も一番熱いと言われているRAGの実装ガイドを公開しました。そのガイドの紹介をおこなうイベントです!!
https://tech-lab.connpass.com/event/315703/

【5/27開催】事業変革を最新ソフトウェア技術で加速する「OSS利活用事例セミナー」
OSSのビジネス活用事例などを紹介します!登壇者はスカパー様やIPAなど🎤
OSSを活用した新たなビジネス創出やDX推進のヒントを得られる機会です。
https://ossforum.connpass.com/event/318583/
【6/19開催】Kong Community Japan Meetup #4
本イベントでは、Kong Inc. のVP of ProductであるReza Shafii氏もプレゼンターとして参加。当社からはアーキテクト マネージャーの槌野の登壇が決定!参加無料です!!
https://column.api-ecosystem.sios.jp/connect/kong/1081/

Web記事でオープンソースの関連用語をよく見るけど、正直どういう意味かよくわからない!といった経験はありませんか。本記事では、できる限り分かりやすくオープンソースソフトウェア用語をご紹介します

Dockerとは?

今、世界中の開発者やIT部門において「Docker」(ドッカー)が注目されています。
世の中でDockerが多く使われるような状況になっている中で、Dockerとは何か、何ができるのかと思うこともあるのではないでしょうか。

Dockerはオープンソースの次世代仮想化技術です。 Dockerはコンテナ型仮想化を実現するのですが、ハイパーバイザー型製品とは異なり、ディスク使用量は少なく、ビルドもデプロイも高速、性能劣化がほとんどありません。 また、Dockerはホストのカーネルを直接使用するため、オーバーヘッドが少ないのも特徴です。

Dockerはコンテナと呼ばれるプロセスを起動し、他のソフトウェアに影響を及ぼさずにアプリケーションを動作させます。 また、Dockerは環境をコード化してライブラリやデータを共有することで、複数人で使用する同一な環境構築の手間を短縮することができます。 この利点によって、誰でもどこでも同じ環境が作れるようになり、作成した環境の配布や、スクラップ&ビルドが容易にできるようになります。

もっと簡単に言いますと、例えば、自分のマシンでは動くけど他の環境では動かない、設定ミスの前の状態に戻したい、 ある人のパソコンだけで出るエラーがある、検証する度に環境構築が面倒であるといった不便な点を解消することができます。 ぜひ一度、Dockerを使ってみてください。

【参考】

 

コンテナ&Docker入門

本ブログで大好評!! これからコンテナ、Docker、Kubernetesを始める方向けの「コンテナ & Docker入門」記事は下記をご覧ください。

【連載】世界一わかりみが深いコンテナ & Docker入門 〜 その1:コンテナってなに? 〜

【連載】世界一わかりみが深いコンテナ & Docker入門 〜 その2:Dockerってなに? 〜

【連載】世界一わかりみが深いコンテナ & Docker入門 〜 その3:Dockerfileってなに? 〜

【連載】世界一わかりみが深いコンテナ & Docker入門 〜 その4:docker-composeってなに? 〜

【連載】世界一わかりみが深いコンテナ & Docker入門 〜 その5:Dockerのネットワークってどうなってるの? 〜

 

Dockerのサポートなら!

サイオスOSSよろず相談室にお任せください!
Dockerだけでなく、各種最新のOSSにも取り組んでおり、現在、130種類以上のOSSのサポートに対応しております。商用製品のサポート品質に匹敵する手厚いサービスを各種OSSでご利用いただけます。

OSSサポートのことでお困りでしたら、お気軽にご相談ください!

 

 

 

 

アバター画像
プロフェッショナルサービスチームの中の人。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる