Azure Container Registryの作成からDockerイメージのプッシュまで

Dockerイメージを管理・共有する仕組みとして、「レジストリ」が必要です。

特定の人のみがアクセスできるようにしたい場合はプライベートレジストリを使用しますが、今回は、自分で立てるのではなく、Azureがレジストリサービスとして提供しているAzure Container Registryを試してみたいと思います。

Azure Container Registry とは

Azure コンテナー レジストリは、オープンソースの Docker Registry 2.0 に基づいた、管理された プライベートなDocker レジストリ サービスです。

主な特徴は以下になります。

  • 使い慣れたオープン ソースの Docker CLI を使用可能
  • Azure Active Directory によるレジストリ認証のサポート
  • DC/OS・Docker・Swarm・Kubernetes・Azureサービス(App Services・Batch・Service Fabric)等の様々なデプロイターゲットにイメージをプル可能

詳細は以下をご覧頂ければと思います。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/container-registry/container-registry-intro

前提動作環境

クライアントPCの動作環境は下記になります。

  • OS:CentOS7
  • Azure CLI バージョン:2.0.27※事前にインストール
  • docker バージョン:18.03.0-ce※事前にインストール

Azure Container Registryの作成

Dockerコンテナイメージ用のプライベート レジストリとして、Azure Container Registryを作成します。

Azure Container Registryを作成する場合は、まず、Azureリソースグループが必要です。
Azureリソースグループとは、関連するリソースを1つに括った論理的なコンテナーです。

az group createコマンドでリソース グループを作成します。
今回は、eastus リージョンにrgAcrTestという名前のリソースグループを作成します。

# az group create --name rgAcrTest --location eastus

az acr createコマンドを使用して、acrTrialの名前でAzure Container Registryを作成します。

# az acr create --resource-group rgAcrTest --name acrTrial --sku Basic

以上で、Azure Container Registryの作成自体は完了です。

Dockerイメージの作成

Azure Container RegistryにプッシュするDockerイメージを作成します。

以下のシンプルなDockerfileを作成してみます。

FROM php:7.0-apache

作成したDockerfileからイメージを作成します。

# docker build -t webapp .

以上で、Dockerイメージの作成は完了です。

DockerイメージのAzure Container RegistryへのPush

az acr loginコマンドでACRインスタンスにログインします。

# az acr login --name acrTrial

docker imagesコマンドで、現在のイメージ一覧を表示し、イメージのタグ名を確認します。

# docker images

PushするDockerイメージは、Azure Container Registryのログインサーバ名でタグ付けする必要があります。
このタグは、Azure Container RegistryにDockerイメージをPushするときに、ルーティングするために使用されます。

Azure Container Registryのログインサーバ名を取得するには、次のコマンドを実行します。

# az acr list --resource-group rgAcrTest --query "[].{acrLoginServer:loginServer}" --output table
AcrLoginServer
--------------------------
acrtrial.azurecr.io

取得したAzure Container Registryのログインサーバ名で、PushするDockerイメージにタグ名を付けます。
下記のとおり、イメージ名は、必ず、Azure Container Registryのログインサーバ名/イメージ名:タグ名である必要があります。

# docker tag webapp acrtrial.azurecr.io/webapp:dev

タグを付けた後、docker images を実行してタグを確認します。
次の実行結果のとおり、「REPOSITORY」欄に「acrtrial.azurecr.io/webapp」、「TAG」欄に「dev」と表示される行があれば、タグ付けは成功です。

# docker images
REPOSITORY                  TAG         IMAGE ID      CREATED      SIZE
acrtrial.azurecr.io/webapp  dev         2c1b7b71162b  3 weeks ago  386MB
php                         7.0-apache  2c1b7b71162b  3 weeks ago  386MB
webapp                      latest      2c1b7b71162b  3 weeks ago  386MB

Azure Container RegistryにDockerイメージをプッシュします。完了するまでに数分かかります。

# docker push acrtrial.azurecr.io/webapp:dev

Azure Container Registry にプッシュされたイメージを確認するには、az acr repository list コマンドを使用します。

# az acr repository list --name acrTrial --output table
Result
--------
webapp

さらに、特定のイメージのタグを表示するには、az acr repository show-tagsコマンドを使用します。

# az acr repository show-tags --name acrTrial --repository webapp --output table
Result
--------
dev

以上で、Azure Container Registry へのプッシュが完了です。

まとめ

以上のように、Azure Container Registryは、オープンソースのDocker Registry v2と互換性があり、Docker CLIでのレジストリ操作方法が同じなため、自分でDocker Registryを立ち上げて管理する手間を考えると、効率的に便利です。

次回は、Azure サービスからAzure Container RegistryにプッシュしたイメージをAzureサービスにデプロイしてみたいと思います。

斎藤@SSTD

ご覧いただきありがとうございます! この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった

Be the first to comment

コメント投稿

Your email address will not be published.


*