Bonita BPMでワークフロー環境を構築

こんにちは、今回は Azure 上に OSS のビジネスプロセスマネージャー(BPM)である「Bonita BPM」を利用し、ワークフローの開発及び動作環境を構築したいと思います。
ことの発端として、社内全体で利用するワークフローシステムは既にあるのですが、部内で利用するような簡易的なワークフローが欲しくなり調べてみたところ「Bonita BPM」を見つけました。

Bonita BPM は以下のソフトウェアで構成されています。
・Bonita BPM Studio:
開発者用GUIツール。フローや組織、ビジネスデータなどを定義します。
・Bonita BPM Portal:
利用者用ポータルサイト。Bonita BPM Studio で作成された定義をデプロイすることが出来ます。

Bonita BPM にはコミュニティ版とエンタープライズ版が存在しますが、今回は無料で利用できるコミュニティ版を選択します。

同様のソフトに「Activiti」というソフトもあったのですが、「Bonita BPM」の方が日本語ドキュメントが少なかったのでこちらを選んでみました。機会があれば、機能比較してみたいと思います。

Bonita BPM のダウンロード

Bonita BPM をダウンロードするには公式サイトに移動して、個人アカウントを作成する必要があります。

ダウンロードページにて、以下をダウンロードします。
・Bonita BPM Studio:BonitaBPMCommunity-7.5.0-x86_64.exe
・Bonita BPM Portal:BonitaBPMCommunity-7.5.0-Tomcat-7.0.76.zip

Bonita BPM Studio の構築

基本、インストーラーに従えば問題無くインストールでき、 Windows、MAC、Linux に対応しています。
前提条件として JAVA が必須となっており、JAVA がインストールされていない場合、自分でインストールするか、インストーラーに内蔵されている JAVA をインストールする必要があります。
また、動作確認するため、WebAppサーバとして Tomcat がインストールされるため、セキュリティの厳しいクライアントではうまく動作しない可能性があります。(現に影響受けました。。)

Bonita BPM Portal の構築

今回、構築するバージョンは 7.5.0 となります。
以降はroot権限で操作し、SELinuxは無効化にしています。

仮想マシン構成

【インスタンスサイズ】
A2 Basic (Core:2/RAM:3.5GB)

【OS】
CentOS release 7.3 x86_64

パッケージのインストール

必要なパッケージをインストールします。

Bonita BPM Portal インストール

Bonita BPM Portal をインストールします。
ダウンロードした Bonita BPM Portal のアーカイブをサーバに格納します。

Bonita BPM Portal 初期設定

Bonita BPM Portalの初期設定を実施します。

Bonita BPM Portal 管理ユーザ作成

以下URLにアクセスし、ポータル画面を表示します。

https://[IPアドレス or FQDN]/bonita/

170606175101_001

テクニカルユーザでログインします。

User:install
Password:install

170606175345_001

右上の「Setting」をクリックし、プルダウンから「Language」を選択します。

170606175427_001

ポップアップにて「日本語」を選択し、「OK」をクリックします。

170606175454_001

「新規作成」をクリックし、管理者ユーザを登録します。

170606175601_001

利用者登録情報を入力し、「新規作成」をクリックします。

170607171641_001

170607171753_001

「組織」をクリックし、プルダウンから「プロファイル」を選択します。

170607172606_001

「ユーザのアサイン」で「ユーザの追加」をクリックします。

170607172621_001

ポップアップにて、管理者ユーザ左側のチェックボックスに「✓」を入れ、「追加」をクリックします。

170607172641_001

「ユーザのアサイン」覧に管理者ユーザ名が表示されることを確認します。

170607172650_001

一度ブラウザを閉じて、再度ログイン画面を表示したら、管理者ユーザのIDでログイン出来ることを確認します。

170608170713_001

最後に

今回はワークフロー環境の構築までをご紹介させて頂きました。
動作確認として手さぐりでワークフローを作成してみたのですが、やはり一筋縄ではいかず、フロー自体はGUIで作成しやすいのですが、フロー間のデータ連携や組織操作などの細かな箇所で非常に苦戦し、使いこなすにはかなりのお勉強が必要だと感じました。しかし、ここまでワークフローを実装できるオープンソースはなかなか無いと思いますので、ベンダーロックを気にする情シス担当方は検討されてみては如何でしょうか。
次回、機会があれば Bonita BPM Studio で作成したワークフローを Bonita BPM Portal にデプロイする方法などをご紹介したいと思います。

サイオステクノロジー株式会社 山田

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です