Visual Studio CodeのLive Shareでわくわくリモートペアプロ!!

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井(Twitter:@noriyukitakei)です。今回は、Visual Studio Codeでリモートペアプログラミングをしてみます。

Live Shareとは?

Visual Studio Codeの拡張機能で、リモートで他の誰かのVisual Studio Code(以降、VS Code)やTerminalを操作できます。これを利用してリモートでペアプログラミングを行うことができます。チャットや音声通話機能なども用意されているので、本当にうれしみが深いです。

早速実践!!

では、早速実践してみましょう。まずはLive Shareの拡張機能をインスコします。VS Code左部メニューの四角が4つらなんでるアイコンをクリックして、「live share」と入力して、一番丈夫に表示されている「Live Share」の拡張機能をインストールします。Live Shareを行う全てのユーザーにこの拡張機能がインストールされている必要があるので、お相手にもインストールをお願いして下さい。

 

インストールが完了すると、VS Code左部メニューのオレンジ色の枠で囲っているアイコン(下図参照)があるので、それをクリックします。

Live Shareに招待する側

ここからはLive Shareを始める人側の操作です。「Start Collaboration session…」をクリックします。

 

「Sign in with Microsoft」か「Sing in with Github」をクリックして下さい。このブログでは、マイクロソフトアカウントを前提としてますので、前者をクリックしたとして、説明します。

 

ブラウザが起動して、以下の画面が表示されますので、マイクロソフトアカウントでログインしてください。

 

「Yes」をクリックして下さい。

 

「Allow」をクリックして下さい。

 

「Open」をクリックして下さい。

 

以下に表示されている「Collaboration session URL:」をコピーして、Live Shareでペアプログラミングしたい人に送ります。

Live Shareに招待される側

ここからはLive Shareに招待された側の人の操作です。Live Shareのセッションを開始した人から送られたURLをクリックします。すると多分以下のような画面が表示されますので、「アプリの選択を開く」をクリックして下さい(環境によって表示される画面が違うかもしれません(´・ω・`))。

 

「Live Share for VS Code」をクリックします。

 

以下のような画面が表示されれば成功ですヮ(゚д゚)ォ!

 

チャットもできます。

 

相手が選択したソースコードがこちらにも表示されます。

 

相手にTerminalの操作を許可するためには、「Share terminal…」 をクリックして、「Read/write」をクリックします。

まとめ!!

とってもステキなLive Share、もうあなたなしでは生きてゆけない。No Live Share, No Life!!どんどん使っていきましょう。

 





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*