Microsoft Build 2019レポート 1日目〜 Technical Keynote「Microsoft Azure: Empowering Every Developer」

build2019_entrance

こんにちは、サイオステクノロジー技術2部の水倉です。

Microsoft Build 2019 初日 Vision Keynote に続いて行われた Technical Keynote「Microsoft Azure: Empowering Every Developer」の内容から主な新機能を中心に紹介します。

build2019_ scott_guthrie

Visual Studio Online

Webブラウザベースの開発環境(Visual Studio Code)です。

  • Live Share 機能
    • リモートで同じコードを見ながら、リアルタイムにコード修正の反映、デバッグ実行が可能。
  • VS Code ベースのため、既存の VS Code 拡張機能を利用可能。

デモでは、Windows PC 上で開発中のアプリを iPad 上の VS Online でデバッグ実行してコード修正する様子が披露されました。プルリクのレビューもできるようです。リモートワークなど働き方の多様性が広がっている近年にあって嬉しいサービスです。一昔前からすると隔世の感がありますね。

Azure Pipelines

Azure Pipelines は Azure DevOps を構成するサービスの1つで、サーバ運用不要の CI/CD サービスです。ちなみに、Azure DevOps は Visual Studio Team Services(VSTS)の後継サービスですので、人によっては VSTS と言われる方がサービスのイメージがつくかもしれません。

  • Kubernetes (AKS or 他 Kubernetes) へのデプロイをサポート
  • YAML ファイルによるパイプライン定義 (実行したいタスクを選択するだけで YAML に反映する機能もあり)

GitHub関連

  • GitHub Enterprise が Azure AD 認証をサポート。GitHub と Azure AD との同期もサポートされたため、アカウントの集中管理が可能になりました。
  • GitHub アカウントで Azure へのサインインも可能。
  • GitHub Enterprise を含んだ VS サブスクリプションが発表され、従来よりも価格を抑えて利用可能に。

Azure App Service on Linux

アプリケーション実行環境が提供される PaaS 「App Service」のホスト OS として Linux サポートが GA したのが 2017 年。今回、Linux 版も VNet 統合可能となりました。特にエンタープライズなシステムではニーズがあるので嬉しい人も多いのではないでしょうか。

  • Azure VNet 統合のサポート

Azure Functions

サーバレスのコード実行サービス「Azure Functions」も新機能が発表されました。

  • Azure API Management 統合のサポート
  • プレミアムプラン(パブリックプレビュー)
    • (※) 別セッションで詳細が紹介されていましたので、別途レポート予定です。 → 公開しました。
  • PowerShell のサポート
    • サーバ運用の手間をかけずに PowerShell を実行できるのは嬉しいですね。
    • az コマンド導入済みのため、Azure リソース操作に重宝しそうです。

Azure Kubernetes Service (AKS)

コンテナオーケストレータのデファクト Kubernetes のマネージドサービス AKS の新機能です。

  • 仮想ノード
    • あらゆるコンピューティングリソースを Kubernetes pod として扱える機能で GA を迎えました。
    • Japan Container Days v18.12 でも話題に挙がっていた Microsoft 開発の OSS「 Virtual Kubelet」 が使われています。
  • Kubernetes-based Event-Driven Autoscaling (KEDA)
    • イベント駆動で Pod をオートスケールさせることが可能になりました。
    • 要はオートスケールのトリガーを CPU やメモリなどのリソースではなく、イベントメトリクス(Kafka や Azure Queue のキュー数など)に応じてコンテナをオートスケールできることになりました。
    • 2018 年に GA を迎えた Azure Functions 2.0 で Functions を Kubernetes へデプロイ可能(Pod として動作可能)となったので、イベントをトリガーにして、Kubernetes 上の Functions をオートスケール可能となりました。
    • RedHat 社との共同開発で OSS 化されたもので、オンプレ Kubernetes、OpenShift でも動作します。

Technical Keynoteもこちらで動画公開されています!

STI 水倉

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*