SIOS OSS Dashboardの構築

【6/19開催】Kong Community Japan Meetup #4
本イベントでは、Kong Inc. のVP of ProductであるReza Shafii氏もプレゼンターとして参加。当社からはアーキテクト マネージャーの槌野の登壇が決定!参加無料です!!

【6/21開催】開発者目線でのSBOMとの向き合い方
SBOMの導入から開発者がSBOMの作成・管理を自動で行っていくための方法(デモ)を紹介します。

【7/5開催】azd+Terraform? ~ポイントを押えてAzure上へのアプリケーション環境をラクチン構築~
ツールの概要説明から、実際の開発におけるポイントをお伝えします!

【7/19開催】現場で役立つAzure神小技10+α 〜生成AI,RAG,コスト削減など旬な技術満載のLT大会〜
Azureの最新技術や実用的な小技を紹介する特別なライトニングトーク大会を開催します!

【7/26開催】最適なIaCツールを選ぼう
プロジェクトでのツール選びに困らないための重要な観点をご説明します!

前回に引き続きSSTDの大村です。今回は「SIOS OSS Dashboard」の構築方法を紹介します。

1

 

ソースはGitHubにて公開しています。

https://github.com/siosbigdata/shirokane

環境

amazon linux(AWS.Small)

事前準備

  • Rails4をインストール(GIST)
  • 接続可能RDB準備(今回はPostgreSQL)

データベース作成

はじめにデータベースを作成します。今回はPostgresqlを利用していますが、DBはRailsから利用できるものであればなんでもかまいません。

$ psql
>create database testdb;
>¥q
$ psql -d testdb
> create role testuser;
> alter user testuser with unencrypted password 'passwd';
> alter role testuser login;
> GRANT ALL ON DATABASE testdb to testuser ;
> grant select, INSERT on table td_access  to testuser;

つづけてTreasure Data PlatformからデータをPushするための設定をします。

# vi /var/lib/pgsql9/data/pg_hba.conf 
local   testdb   testuser  md5
を追加
TreasureDataからのデータpush用に
host    testdb   testuser  0.0.0.0/0                md5
も追加

posgtresql再起動
 # /etc/rc.d/init.d/postgresql restart

領域作成

GitHubよりソースを取得して、database.ymlファイルの新規作成を行います。

$ git clone https://github.com/siosbigdata/shirokane.git testsite
$ vi config/database.yml(gitにはないので添付ファイルを配置)
$ mkdir log
$ chmod 777 log
#database.yml
development:
  adapter: testdb
  encoding: utf8
  database: testdb
  pool: 5
  username: testuser
  password: passwd
test:
  adapter: testdb
  encoding: utf8
  database: testdb
  pool: 5
  username: testuser
  password: passwd
production:
  adapter: testdb
  encoding: utf8
  database: testdb
  pool: 5
  username: testuser
  password: passwd

Rails操作

Railsの機能を利用してデータベースにテーブルを作成し、データを挿入します。

$ cd ~/testsite
$ bundle install
$ rake db:migrate
$ rake db:seed

起動

サイトを起動してください。

$ rails s

デフォルトですと、https://localhost:3000にアクセスするとログイン画面が表示されます。初期設定では下記の設定でログインが可能です。
メールアドレス:admin@admin.com
パスワード:admin

2

 

次回はグラフの追加方法、利用方法をご紹介します。

アバター画像
About Kai 36 Articles
マーケティング業務を担当。セミナー、勉強会の企画運営、情報発信を行う。API事業を中心に、リード獲得、ナーチャリングに注力。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる