SIOS OSS Dashboardの構築

前回に引き続きSSTDの大村です。今回は「SIOS OSS Dashboard」の構築方法を紹介します。

1

 

ソースはGitHubにて公開しています。

https://github.com/siosbigdata/shirokane

環境

amazon linux(AWS.Small)

事前準備

  • Rails4をインストール(GIST)
  • 接続可能RDB準備(今回はPostgreSQL)

データベース作成

はじめにデータベースを作成します。今回はPostgresqlを利用していますが、DBはRailsから利用できるものであればなんでもかまいません。

つづけてTreasure Data PlatformからデータをPushするための設定をします。

領域作成

GitHubよりソースを取得して、database.ymlファイルの新規作成を行います。

Rails操作

Railsの機能を利用してデータベースにテーブルを作成し、データを挿入します。

起動

サイトを起動してください。

デフォルトですと、http://localhost:3000にアクセスするとログイン画面が表示されます。初期設定では下記の設定でログインが可能です。
メールアドレス:admin@admin.com
パスワード:admin

2

 

次回はグラフの追加方法、利用方法をご紹介します。

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*