[Adobeアカウント連携]その3 Adobe Azure AD Connector

こんにちは、サイオステクノロジーの小川です。今回はAdobe Azure AD Connectorの検証を行いましたので設定方法について掲載します。

Adobe Azure AD Connectorとは、Azure ADと Adobe管理コンソールを統合して、Azure ADユーザーでAdobeのSSOを実現します。

Adobe Azure AD Connectorの特徴を以下にまとめました。

  • 2つのシステムが直接接続されているため、ドメインのクレームやグループの作成などの手順を重複しておこなう必要がありません。
  • ユーザー管理やライセンスのプロビジョニングなど、すべての操作をAzure ADで実行できます。
  • Azure ADのグループを連携します。
  • Azure ADのグループの入れ子にも対応しています。

構成

前提条件

  • Azure ADで連携ドメインをクレームできていること
  • Azure AD に関連付けられているドメインは、Adobe管理コンソールで未クレームであること
  • Adobe連携用のグループを作成し、連携アカウントをグループのメンバーに設定していること

設定

Adobe管理コンソールに管理者アカウントでログインします。

「設定」選択し、IDのディレクトリタブで「ディレクトリを作成」をクリックします。

ディレクトリ名を入力し、「Federated ID」を選択し、「次へ」をクリックします。

利用するIdPで「Microsoft Azure」を選択し、「次へ」をクリックします。

ID設定についての説明が表示されるので、「Azureにログイン」を選択します。

Microsoftアカウントのサインインページにリダイレクトされます。Microsoftのグローバル管理者権限を持つ管理者の資格情報を入力します。

管理者のログインID、パスワードを入力すると、Adobeのアクセス許可画面が表示されるので、「承諾」をクリックします。

Adobe管理コンソールの設定に戻り、Azure ADのディレクトリの情報が表示されるので、「確定」をクリックします。

Azure ADで検証し、Adobeに同期する対象のドメインを選択し、「次へ」をクリックします。

Adobe Admin Consoleに同期されるグループをグループリストから検索して選択します。アクションボタンを選択することで同期対象のグループを設定することができます。設定できたら「完了」をクリックします。

連携の設定が完了し、Adobe管理コンソール画面が表示され、ディレクトリの同期設定を確認します。現段階では同期が開始されていないので「同期を開始」を選択します。

同期が開始され、グループのメンバーがAdobeに連携されます。対象のドメインやグループを変更する場合は各項目の変更ボタンを選択し、連携対象にするドメイン、グループを設定することができます。

※Adobe Azure AD Connectorはグループでの連携になるためグループのメンバーになっていないアカウントはAdobeへアカウント連携されません。

Adobeのドキュメントには同期時間は15分おきとAdobeのドキュメントに記載がありますが、検証したところ、15分から30分で同期が行われていることを確認しました。

ユーザーグループを選択すると、Adobe管理コンソールのグループを確認することができます。

Azure ADから連携したグループについてはユーザー同様、青で囲ったマークがつき、左側のチェックボックスで選択ができず削除できません。連携グループに対して設定できるのは製品プロファイル(ライセンス)の割り当てになります。

Adobe管理コンソールのユーザータブからユーザーを選択します。Azure ADから連携されたアカウントは青で囲ったようにAzure AD連携のマークがつきます。また、左側のチェックボックスは選択できないようになっており、Adobe管理コンソールでは連携アカウントの編集は行えないようになっています。連携アカウントに対して変更できるのは製品プロファイル(ライセンス)の割り当て、アカウント権限の変更です。

ユーザー削除

Azure ADから連携中のユーザーに関してはAdobeで削除処理を行うことができません。

ディレクトリのユーザーに移動しステータスを確認すると「アクティブ」になっており、左側のチェックボックスには選択できないようになっています。

Adobeからアカウント削除するにはAzure ADからの連携対象のグループから外すことで、次回連携時にAdobeからアカウント論理削除処理が行われます。Adobeのアカウントは無効状態になります。(Adobe管理コンソールの「ユーザー」からは削除されますが、「ディレクトリのユーザー」には残り、無効ステータスとなります。)

Azure ADからの連携対象外となったユーザーはAdobeでアカウントの物理削除処理が行えるようになります。

ディレクトリのユーザーへ移動し、ステータスが無効となっているユーザーにチェックを入れると、右上に「ユーザーを削除」が表示されるので、選択するとAdobeから完全にユーザーが削除されます。

ログイン

端末にログイン後、Adobe Creative Cloudを選択します。

Adobeのログイン画面に遷移するので、IDを入力します。

Office365のログインパスワード入力画面に遷移するので、ログインIDのパスワードを入力します。

Adobe Creative Cloud Desktopにログインできました。

まとめ

Adobe Azure AD Connectorの設定について書きましたが、利用するメリットは以下が挙げられます。

  • 2つのシステムが直接接続されているため、ドメインのクレームやグループの作成などの手順を重複しておこなう必要がない
  • ユーザー管理やライセンスのプロビジョニングなど、すべての操作をAzure ADで実行できる
  • Azure ADのグループを連携するため、管理が容易




ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*