ID同期しているアカウントのOffice365ポータルの表示言語を設定する方法

★★★ Live配信告知 ★★★

第4回のPS Live配信は、昨年のCloudNative Days Tokyo 2020で、OSSのAPIGatewayでおなじみKongが開発する、サービスメッシュのKumaについて発表を行った槌野が、再びKumaについて語ります!
【2021/6/25(金) 17:00〜17:30】Kumaでメッシュなマイクロサービス リターンズ

こんにちは、サイオステクノロジーの小川です。

今回はID同期しているアカウントのOffice365ポータルで表示される言語の設定方法を紹介します。

Office365ポータルの表示言語が変更できない!?

Azure ADやOffice365上で作成したものについてはOffice365上でポータルの言語表示を自身で変更することが可能です。
以下図のOffice365ポータルより、「設定」 > 言語とタイムゾーンの「お使いの言語を変更してください」> 「表示言語の変更」の順に選択すると、言語設定画面でOffice365ポータルの表示言語を設定します。

しかしID同期しているアカウントでは、自身で変更することができません。

Office365ポータル
Office365ポータルの設定
表示言語設定
表示言語設定

 

上記の図の通りID同期されているアカウントは「組織によって管理されています。」と表示され、表示言語の変更を選択できないようになっています。

そのため、ID同期しているアカウントはADの表示言語属性で言語コードを設定し同期する必要があります。

以下で設定方法を確認していきます。

 

Office365ポータルの表示言語を設定してみる

まず源泉となるActive Directoryの対象アカウントの属性エディターを開きます。
priferredLanguage の値を表示する言語コードを設定します。今回は日本語(ja-JP)を設定します。

Azure AD Connectでアカウント同期を実行します。
連携したアカウントでOffice365ポータルにログインします。

 

ポータルの表示言語が指定した言語コードの言語で表示されます。

元々の日本語なので、ほんとに適用されているかわからないですね😅。

 

他の言語を設定して確認してみます。

アカウントにそれぞれ、日本語、英語、イタリア語の言語コードを設定し、同期をを実行します。
Office365アカウントに連携されているアカウントとpreferredLanguageの属性は以下の通りです。

 

testuser002でログインします。

Office365ポータルの表示言語が英語になっています。

 

testuser003でログインします。

イタリア語全く分からないですが、それっぽい言語で表示されていますね。

 

まとめ

クラウド上で作成したアカウントについては自身でOffice365ポータルの表示言語を変更することが可能です。

しかし、ID同期をしているアカウントのOffice365ポータルの表示言語を指定するには、Active DirectoryのpreferredLanguage属性で言語コードを設定し、同期を実行する必要があります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


10 + 7 =