SIOS OSS Dashboardのグラフの構築

★★★ Live配信告知 ★★★

Azureでクラウドネイティブな開発をするための方法について、世界一わかりみ深く説明致します!!複数回シリーズでお届けしている第8回目は、「次世代サーバーレスアーキテクチャDurable Functions」と題しまして、サーバーレスアーキテクチャのさらに次を行くAzureのサービス「Durable Functions」を扱います!!
【2021/11/26(金) 12:00〜13:00】

こんにちわSSTDの大村です。SIOS OSS Dashboardの3回目です。今回はグラフの設定方法を紹介します。

1

 

前回、ログインを行うと上記のような画面になっていたと思います。こちらにグラフを追加していきます。

データベースのテーブルの作成

データベースにテーブルを作成します。テーブル名は自由ですが「td_」とプレフィックスをつけてください。カラム名、型は固定です。

テーブル名:td_access
カラム
td_time timestamp
td_count decimal

グラフデータの作成

グラフ用のレコードをgraphsテーブルに追加します。下記の例はrailsのコンソールを利用していますが、データベースに直接追加していただいてもよいです。この時、nameを先ほどのテーブル名からプレフィックスを除いた値にしてください。今回はaccessです。その他の値は管理画面で変更可能です。

グループへのグラフの連携

次に今回のユーザーのグループである管理グループに所属するユーザーの画面にグラフが表示されるように設定を行います。

管理画面にログインします。初期設定では下記の設定でログインが可能です。
メールアドレス:admin@admin.com
パスワード:admin

2

 

グインすると先ほど追加されたグラフがダッシュボードに表示されています。

3

 

左側の管理メニューから「グループ管理」を選択します。管理グループの「グラフ」をクリックします。

4

 

選択とダッシュボードの両方をチェックし、「更新する」をクリックします。

5

 

管理グループのユーザー画面でグラフが表示されるようになり、ダッシュボードにも表示されるようになります。

6

 

データの追加

td_accessテーブルに10件のデータを追加してみましょう。

ユーザー用画面でグラフを確認します。

7

 

グラフの値が表示されていることが確認できました。

このように即座にデータをグラフによる可視化を行うことができました。他にも前月、前年のデータと比較したり、表示日時を選択したり、棒グラフを表示したりできますので、管理画面のグラフ管理を変えて試してみてください。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*