【Visual Studio】C#でコンソールアプリ作成 ~Hello Worldを出力してみよう~

★★★ Live配信告知 ★★★ぜひお申込みください!
◆◇世界一わかりみの深いクラウドネイティブ on Azure 第21回◆◇
〜 AppServiceでコンテナ〜 App Serviceでコンテナを動かすことができる「Web App for Containers」をご紹介します。10/11(火) 19:00~

こんにちは。サイオステクノロジーの川田です。
前回は「【Visual Studio】C#でWindowsフォームアプリを作成 ~ ボタンクリックでHello Worldを表示してみよう ~」でフォームアプリの作成方法についてご紹介いたしました。

今回はコンソールアプリの作成方法についてご説明していきたいと思います。

プロジェクトの作成

Visual Studioを起動し、「新しいプロジェクトの作成(N)」をクリックします。
※Visual Studio2022になります。

コンソールアプリ(.NET Framework)」を選択し、「次へ」をクリックします。

プロジェクト名を入力します。
例は「SampleHelloWorld」とします。※自動的にソリューション名が変わります。
他はそのままにして「作成」をクリックします。

作成をクリックしますと自動でProgram.csが開かれます。

以上がプロジェクト作成になります。

Hello Worldを出力

それではコンソール画面に「Hello World」出力したいと思います。

Console.Write

コンソールに文字列を出力するにはConsole.Writeを使用します。
とても簡単です。以下のように記述してみてください。

        static void Main(string[] args)
        {
            Console.Write("Hello World");
        }

では実行してみましょう。
実行方法は「デバッグ」⇒「デバッグなしで開始」をクリックします。

出力しますと、コンソールに「Hello World」表示されます。

どうでしょうか?
「続行するには…」がすぐ来てしまってなにか気持ち悪さがあります。
「Hello World」の後に改行入れたいですよね。

そのような場合は「Console.WriteLine」を使用します。

Console.WriteLine

使い方は基本的に変わりません。WriteからWriteLineに修正しただけです。

        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("Hello World");
        }

では実行してみましょう!
改行されていることがわかりますね!

標準入力

先ほどはコードに直接文字を入力して、コンソールに入力をしました。
次はコマンドラインから入力をし、その文字列を出力したいと思います。

整数値

整数値を入力してその値を出力してみたいと思います。
実装は以下の通りです。

        static void Main(string[] args)
        {
            Console.Write("整数値を入力してください:");
            int num = int.Parse(Console.ReadLine());
            Console.WriteLine(num);
        }

実行結果を見てみます。
入力ができますので「4」と入力し、Enterキーを押します。

 

4が出力されていることがわかります。
とても簡単な実装ですね。

実数値

実数値の場合は以下のように記述します。

        static void Main(string[] args)
        {
            Console.Write("実数値を入力してください:");
            double num = double.Parse(Console.ReadLine());
            Console.WriteLine(num);
        }
    }

「1.5」と入力します。そのまま出力されていることがわかります。

文字列

文字列の場合は以下のように記述します。

        static void Main(string[] args)
        {
            Console.Write("文字を入力してください:");
            string text = Console.ReadLine();
            Console.WriteLine(text);
        }

実行してみます。「Hello World!」と入力し、Enterキーを押します。
入力した文字列がちゃんと出力されていますね!

複数の値を入力と出力方法

Console.WriteやConsole.WriteLineを使って値を出力しました。
複数の値を入力、出力方法をご説明します。

例えば「名前」と「年齢」を入力し、それを出力したいとします。
その場合は以下のように記述します。
{0}や{1}はカンマ(,)から左の順番で呼び出されます。

        static void Main(string[] args)
        {
            // 名前を入力
            Console.Write("名前を入力してください:");
            string name = Console.ReadLine();

            // 年齢を入力
            Console.Write("年齢を入力してください:");
            int age = int.Parse(Console.ReadLine());

            // 出力
            Console.WriteLine("名前:{0} 年齢:{1} です", name, age);
        }
    }

それでは実行してみます。
まず初めに「名前」の入力を求められます。「山田太郎」と入力し、Enterキーを押します。

次に「年齢」の入力を求められます。「20」と入力し、Enterキーを押します。

最終的な実行結果はこのようになります。
入力した名前と年齢が出力されていることがわかります。

まとめ

いかかでしたでしょうか?
Visual Studioから標準入力し、文字列や数値等の出力を行いました。

ありがとうございました!





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*