【Visual Studio】C#でWindowsフォームアプリを作成 ~ ボタンクリックでHello Worldを表示してみよう ~

★★★ Live配信告知 ★★★ぜひお申込みください!
◆◇世界一わかりみの深いクラウドネイティブ on Azure◆◇
8/4(木) 19:00~ 第17回:コンテナをサーバーレスでラクラク実行 〜 Azure Container InstancesとDocker CLIで実現 〜 今回は、コンテナをサーバーレスで実行するテクノロジとDocker CLIとの連携を紹介します。
◆◇PS Live◆◇
8/5(金) 12:00~ 第18回:アウトプットはイイぞ 〜サイオステクノロジーLT大会〜 エンジニア初級者向けから、個人ネタまで、エンジニア脳を体感できるプログラムです。

こんにちは。サイオステクノロジーの川田です。

C#を使ってWindowsフォームアプリを作成していきたいと思います。
今回はボタンをクリックすると「Hello World!」と表示させる方法をご紹介いたします。

プロジェクトの作成

Visual Studioを起動し、「新しいプロジェクトの作成(N)」をクリックします。
※Visual Studio2022になります。

右にある「Windowsフォームアプリケーション(.NET Framework)」をクリックします。
次へ」をクリックします。

 

プロジェクト名を入力します。
例は「HelloWorld」とします。※自動的にソリューション名が変わります。
今回、ほかはそのままにして「作成」をクリックします。

 

以上がプロジェクトの作成方法になります。

アプリケーションを作成

フォームが自動的に開きます。

ツールボックスを表示

フォームにボタンを追加していきます。
左側にある「ツールボックス」をクリックします。

クリックすると「ツールボックス」が表示されるかと思いますが、Form.csとかぶってしまいますよね。
左側に固定したい場合は赤枠のピンマークで固定することができます。

実際に固定するとこのような感じになります。見やすくなりましたね!!

ツールボックスがない場合!!
「ツールボックスが表示されていないよ!」っていう方は上にある
表示」⇒「ツールボックス」から表示が可能です。

ボタンを追加

ツールボックスにある検索ボックスから「button」と入力します。
検索結果に表示されますのでクリックします。

ダブルクリックすると表示されます。ボタンの大きさや位置を変えることも可能です。

ボタンを作成することができました!!

プロパティの設定

このボタンのプロパティの設定します。
作成したボタンを選択した状態で右下の「プロパティ」から行います。

プロパティがない場合!!
ボタンを右クリック⇒「プロパティ」をクリックしますと表示されます。

Textを変更するとボタンの表示される文字が変わります。

またFont付近をいじると文字のサイズや色なども変更できます。
ぜひ色々試してみてください。

次に上の方にあるデザインの名前を変更します。
例はbutton1をbtnClickに変更します。

以上がボタンのプロパティ設定でした。

ラベルの追加

ラベルに「HelloWorl」と追加していきます。
ラベルを追加するには「ツールボックス」から検索ボックスに「label」と入力します。

ボタンと同じようにダブルクリックをします。
ラベルが追加されていることがわかります。※位置は調整しています。

ラベルのプロパティを見てみます。
デザインの名前が「label1」とあります。今回はこのままにします。
変更したい方はお好きにしていただいて大丈夫です。

フォームにコードを追加

フォームにコードを追加していきます。
追加するには「Form1.cs [デザイン]」ウィンドウの「クリック!!」のボタンを一度選択してからダブルクリックをします。

 

ダブルクリックすると、「Form1.cs」のウィンドウが自動で開かれました。
btnClick_Click」のbtnClickは先ほどデザインの名前で設定した名前が自動で設定されます。

InitializeComponent()について

InitializeComponent()メソッドが自動的に実装されています。
この中身を見たい場合は「Ctrl + InitializeComponentをクリック」すると実装の中身を確認することができます。

先ほど設定した内容が記載されていることがわかりますよね!
実行するとこちらがまずこちらの処理が行われることで「クリック!!」ボタン等が表示されるということですね!

こちらはとくに修正はしませんので、閉じてください。

Hello Worldを表示

それでは今回の目標、ボタンをクリックしたら「Hello World!」をという文字をラベルに表示させていきます。
現在はそのまま「label」が表示されているかと思います。

btnClick_Click()メソッドの中にlabel1のTextを「Hello World!」と変更します。
実装は以下の通りです。22行目に追加しました。

label1.Text = "Hello World!";

これで準備完了です!!

アプリケーションの実行

それではアプリケーションを実行していきたいと思います。
実行方法は上にある「開始」をクリックするとアプリケーションが実行されます。

ボタンをクリック

クリックしますと別ウィンドウで先ほど作成したボタンが表示されます!
ボタンをクリックしてみます!

左の「label1」が「HelloWorld!」変わりましたね!!
終了したい場合はウィンドウを閉じてください。

私ちょっと思いました。
左側のラベルは今常に表示されている状態です。
ボタンがクリックされたときのみ「Hello World!」と表示されるようにしたいと思いました。

ラベルの表示/非表示方法

ラベルの表示はtrueにします

label1.Visible = true;

ラベルの非表示はfalseにします

label1.Visible = false;

初期表示はラベルを非表示にしますので18行目を追加しました。

InitializeComponent()メソッドの前に記載するとどうなる?
先ほどもソースを見ていただいた通りボタンなどのデザインを設定してくれています。
前に処理を追加してしまうと、ラベルがまだ設定されていない状態でfalseを設定しようとしているのでエラーが表示されます。
追加する際はInitializeComponent()メソッドの後に処理を記載するようにしましょう。

非表示にする処理は追加しました。
ですがこのままですと、ラベルの表示処理がないためクリックをしてもラベルの「Hello World!」は表示されません。

表示するにはbtnClick_Click()メソッドに処理を追加する必要があります。
23行目にtrueにします。

それでは実行してみましょうー!ラベルが表示されたことがわかりますね!
※実行方法は「開始」をクリックしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ほかにもいろいろと試してみてくださいね^^
今回の参考は「Visual Studio で C# を使用して Windows フォーム アプリを作成する」です。

次回はコンソールから「Hello World」を出力する方法をご紹介いたします。
ありがとうございました\(^o^)/





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*