同じファミリー?親戚?LDAP、OpenLDAP&LDAP Manager

~非エンジニアのIT”こそ勉”シリーズ

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
【6/19開催】Kong Community Japan Meetup #4
本イベントでは、Kong Inc. のVP of ProductであるReza Shafii氏もプレゼンターとして参加。当社からはアーキテクト マネージャーの槌野の登壇が決定!参加無料です!!
https://column.api-ecosystem.sios.jp/connect/kong/1081/

【6/21開催】開発者目線でのSBOMとの向き合い方
SBOMの導入から開発者がSBOMの作成・管理を自動で行っていくための方法(デモ)を紹介します。SBOMを全く知らない人から、開発との統合までを紹介するので様々なレベルの方に学びがあるライブとなる予定です!
https://tech-lab.connpass.com/event/321422/

【7/19開催】現場で役立つAzure神小技10+α 〜生成AI,RAG,コスト削減など旬な技術満載のLT大会〜
Azureの最新技術や実用的な小技を紹介する特別なライトニングトーク大会を開催します!
https://tech-lab.connpass.com/event/319077/

【7/26開催】最適なIaCツールを選ぼう
プロジェクトでのツール選びに困らないための重要な観点をご説明します!
https://tech-lab.connpass.com/event/319532/

みなさん、こんにちは。サイオステクノロジーでマーケティング業務を行っている中谷です。日々の業務で、いろんなOSS用語に悩まされています。

ずっとLDAPとLDAP Managerが同じだと思い込んでいたが、この間、「違うよ」と営業に言われて、え?LDAPはLDAP Managerの省略じゃないの?とますます混乱になってしまい、ネットで調べてみました。

LDAP

まずは、LDAPを検索したところ、Lightweight Directory Access Protocolの略であることがわかりました。Lightweight(軽量)があるならば、Heavyweight(重量)Directory Access Protocolないのかなと気になり、調べたら、やはりありました!しかし、これの略語はHDAPではなく、DAPでした。

DAPは、X.500ディレクトリアクセスプロトコルのことで、とても複雑で重いようです。インターネットでは使いにくいので、よりシンプルで、コストパフォーマンスがいいものを求められ、出来上がったのはLDAPでした。

 

(画像引用:https://www.oreilly.com/library/view/ldap-system-administration/1565924916/ch01s02.html

ちなみに、「DAP」をネットで検索しても、Directory Access Protocolが出てきません。デジタルオーディオプレーヤー(Digital Audio Player)、ドイツ労働者党(Deutsche Arbeiterpartei)、マレーシアの民主行動党(Democratic Action Party)、Department of Aircraft Production(航空機製造部門の意味)という説明になっています。ITとは全然関係ありませんが。

さて、一言でまとめると、LDAPはLightweight Directory Access Protocolだから、名の通り、ディレクトリにアクセスする通信プロトコルだとわかりました。

OpenLDAP

LDAP Managerを調べる前に、OpenLDAPという言葉が先に目に入りました。

ロゴがとってもかわいいので、こちらもしらべてみました。LDAPを実装したソフトウェアだとわかりました。

スタンドアロンのLDAPサーバー、LDAPプロトコルを実装するライブラリ、ユーティリティー、ツール、サンプルクライアントなどが含まれています。統合認証、ディレクトリサービス、シングルサインオンに必要な製品だとインターネットに書いてありました。

さて、OpenLDAPのロゴがエリック・カール氏の「はらぺこあおむし」と重なってみえました。

(画像引用:エリック・カール氏「はらぺこあおむし」 偕成社出版)

はらぺこあおむしは、月曜日にりんご1つ食べて、火曜日に梨2つ食べて、水曜日にすもも3つ食べて、木曜日に苺4つたべて、金曜日にオレンジ5つ食べて、土曜日にチョコレートケーキとアイスクリームとピクルスとチーズとサラミとぺろぺろキャンディとサクランボパイ、ソーセージ、カップケーキ、スイカを食べてもはらぺこで、日曜日に葉っぱを食べて、お腹がいっぱいになり、蛹となり、最後は蝶々になりましたという話です。

もしかして、OpenLDAPのロゴの意味も、いろいろ問題を「食べて」、最後にやっと「正しい食べ物」を見つかり、それを食べたら、問題が解決しましたという願いを込められている??といろいろ考えて、インターネットで由来を調べましたが、見つかりませんでした。

そこで、OpenLDAP Projectにメールを出してきいてみました。なんと!チーフアーキテクトのHoward Chu氏よりご返答をいただきました!(オーマイゴッド)

ロゴの虫はあおむしではなく、ムカデでした。UMich / OpenLDAP 1.0のオリジナルコードでした(複数のサーバーにインデックスを配布するために使用されたツールの名前)。

わかってスッキリ(笑)

LDAP Manager

サイオステクノロジーは、統合認証システムの設計、構築、保守の分野において、ノウハウを蓄積してきました。特に、教育機関向けに、多くの導入実績があります。(https://sios.jp/products/edu/auth.html

LDAP Managerはその統合認証システム構築時にしばしば登場します。しかし、LDAP Managerは、オープンソースソフトウェアではありません。日本の会社でエクスジェン・ネットワークスさんが開発したID統合管理ツールです。

まとめ

LDAPはディレクトリにアクセスする通信プロトコル

OpenLDAPはLDAPを実装したオープンソースソフトウェア

LDAP Managerは日本で開発したID統合管理ツール

IT業界にいるのに、基本の知識も理解していないのが恥ずかしい。でも、問題がクリアになって、嬉しい!

アバター画像
About Kai 36 Articles
マーケティング業務を担当。セミナー、勉強会の企画運営、情報発信を行う。API事業を中心に、リード獲得、ナーチャリングに注力。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる