Outlookでプロキシアドレスからメール送信【Microsoft 365】

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
【6/19開催】Kong Community Japan Meetup #4
本イベントでは、Kong Inc. のVP of ProductであるReza Shafii氏もプレゼンターとして参加。当社からはアーキテクト マネージャーの槌野の登壇が決定!参加無料です!!
https://column.api-ecosystem.sios.jp/connect/kong/1081/

【6/21開催】開発者目線でのSBOMとの向き合い方
SBOMの導入から開発者がSBOMの作成・管理を自動で行っていくための方法(デモ)を紹介します。SBOMを全く知らない人から、開発との統合までを紹介するので様々なレベルの方に学びがあるライブとなる予定です!
https://tech-lab.connpass.com/event/321422/

【7/19開催】現場で役立つAzure神小技10+α 〜生成AI,RAG,コスト削減など旬な技術満載のLT大会〜
Azureの最新技術や実用的な小技を紹介する特別なライトニングトーク大会を開催します!
https://tech-lab.connpass.com/event/319077/

【7/26開催】最適なIaCツールを選ぼう
プロジェクトでのツール選びに困らないための重要な観点をご説明します!
https://tech-lab.connpass.com/event/319532/

こんにちは、サイオステクノロジーの藤原です。

 

これまで、ユーザが任意のメールアドレスからメールを送信するためには、管理者がプライマリメールアドレスを変更する必要がありました。

(Microsoft 365(旧:Office 365)のメールエイリアス、特にプライマリメールアドレス、プロキシメールアドレスについてはこちらの記事「Office365でのメールエイリアスについて」を参照ください。)

 

しかしながら、Microsoft 365 roadmapで管理者がテナントに設定を加えることによって、ユーザがメールアドレスを選択して送信することができる機能が実装され、最近ロールアウトされたので、さっそく検証してみました。

今回はOutlookでプロキシアドレスからメールを送信する方法をまとめます。

 

 

検証環境の構成

以下のようなオンプレADからAADCでAzure ADに同期を行っている環境で検証を行いました。

ここでユーザが持つプロキシアドレスはproxyAddress属性に格納されており、プライマリのSMTPアドレスはUPNと異なるものを使用しています。

エイリアスとして、図に記載しているような4パターンのsmtpアドレスを持たせています。

今回はこれら計5つのメールアドレスをユーザが選択して、メール送信できるのか検証していきます。

 

テナント側の設定

今回は検証環境のADサーバのPowerShellを用いてテナントの設定を行いました。PowerShellのバージョンは5.1です。

ExchangeOnlineManagementのインストール

Install-Module ExchangeOnlineManagement

Exchange Online PowerShellに接続

Connect-ExchangeOnline

SendFromAliasEnabled設定を有効化

Set-OrganizationConfig -SendFromAliasEnabled $True

次のコマンドでSendFromAliasEnabledが有効化されているか確認します。

Get-OrganizationConfig | Out-String -Stream | Select-String "SendFromAliasEnabled"

以下のようになっていれば設定が有効化できています。これによってテナント内のユーザ全員がプロキシアドレスからメール送信できるようになります。

※ちなみに、設定値を有効にしてから実際にプロキシアドレスからメールを送信できるようになるまでタイムラグがありました。

以上で、テナント側の設定は終わりです。

 

ユーザの操作

ユーザは以下の操作でプロキシアドレスからメールを送信することができます。

Outlookにアクセス

Outlook on the Webにアクセスします。

差出人を選択

新しいメッセージの右上「…」から「差出人」を選択します

プロキシアドレスを入力

1回目

「差出人」から「その他のメールアドレス」を選択し、プロキシアドレスを入力します。

このとき、自身のプロキシアドレスでないメールアドレスを入力してもメールを送信することはできません。

2回目以降

2回目以降はプロキシアドレスが記憶されるので、アドレスを選択することで差出人を選ぶことが可能です。

メールを送信

以上の手順でプロキシアドレスからメールを送信することができます。

 

検証内容

今回、計5つのメールアドレス(SMTP,smtpアドレス)からメールを送信し、以下の内容を検証しました。

  • プロキシアドレスからメールが送信できるか
  • メールヘッダのFrom、Envelope From(Return-Path)が送信時のアドレスになっているか

検証結果

検証の結果以下のように、ユーザが選択したメールアドレスからメールを送信することができました。

また、FromとEnvelope Fromが一致していることから、メールに対して返信した場合でも送信時のユーザとしてメールのやり取りが可能です。

メールアドレス

メール
送信

Fromが
送信時のアドレス
と一致
Envelope Fromが
送信時のアドレス
と一致

プライマリ
blog@mail.hogehoge.com

別ローカルパート@同一ドメイン
blog-alias@mail.hogehoge.com

同一ローカルパート@別ドメイン
blog@hogehoge.com

別ローカルパート@別ドメイン
blog-alias@hogehoge.com
Microsoft Online Email Routing Address
blog@hogehoge.onmicrosoft.com

 

以上のように、Microsoft365のOutlookにユーザがプロキシアドレスを選択してメールを送信できる機能が追加されました。今後利用可能なテナントは増えていくと思います。

便利な機能なので、ぜひ有効化してみてはいかがでしょうか。

 

参考

Send as SMTP alias is now available in Exchange Online

 

 

アバター画像
About 藤原 6 Articles
文教向け案件を主に担当。ID管理、SSOを中心にインフラ構築からWebアプリ開発など幅広く業務を行っています。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

2人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる