Office365ポータルログインでドメインヒントを利用する

★★★ Live配信告知 ★★★

Azureでクラウドネイティブな開発をするための方法について、世界一わかりみ深く説明致します!!複数回シリーズでお届けしている第8回目は、「次世代サーバーレスアーキテクチャDurable Functions」と題しまして、サーバーレスアーキテクチャのさらに次を行くAzureのサービス「Durable Functions」を扱います!!
【2021/11/26(金) 12:00〜13:00】

こんにちは、サイオステクノロジーの小川です。

今回はOffice365ポータルへのログイン時にテナントを判別するパラメータのドメイン ヒント(domain_hint)について記載します。

ドメインヒントとは

ドメイン ヒントは、アプリケーションからの認証要求に含まれるディレクティブです。ドメイン ヒントを使用して、テナント用にブランディングされた Azure AD サインイン ページをすぐに表示することができます。

Office365ポータル

Office365のポータルにログインする際、portal.office.comにアクセスすると、Officeのサインイン画面に遷移します。その際に背景画像はOffice365のデフォルトのものになります。

Office365ポータル(portal.office.com)にアクセス

サインイン画面でメールアドレスを入力して「次へ」を選択すると、メールアドレスのドメインでテナントが判別されテナントで設定した背景画像、ロゴが表示されます。

domain_hintをパラメータ送信するとテナントが指定されるので、ログイン画面でテナント設定のログイン画面が表示されます。portal.office.comの後にdomain_hintパラメータを指定します。(portal.office.com?domaim_hint=<ドメイン名>)

Azure AD

AzureADのポータルにログインする際、portal.azure.comにアクセスすると、Azureのサインイン画面(Azure AD の共通エンドポイント)に遷移します。その際、背景画像はAzureのデフォルトのものになります。

Azureポータル(portal.azure.com)にアクセス

テナントとして設定されている Azure AD のエンドポイントのサインイン画面を表示させるにはドメインヒントパラメータではなく、portal.azure.com の後にドメイン名を指定します。(portal.azure.com/<ドメイン名>)

その他MicrosoftアプリケーションについてもAzure ADと同様、使用するアプリケーションURLにドメイン名を指定することでテナントで設定しているエンドポイントに遷移します。(SharePoint Onlineは若干異なります。)

詳細は以下を参照してください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/hybrid/how-to-connect-sso-faq





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*