ZabbixからAzureリソースを監視してみた

こんにちは。技術部の髙岡です。

Azure内のリソースをZabbixから監視する方法を検証してみました。

クラウドシステムを活用する場合、クラウドサービス独自の監視機能を活用することも可能です。
例えば、AzureであれはAzure Monitor、AWSであればCloud Watchのような監視機能です。

マルチクラウド環境のような場合、各々のクラウドベンダが提供する監視機能を使ってしまうと、クラウドベンダ毎に異なる監視機能を使うことになるので、監視運用の統一感が失われて設定や操作をクラウドサービス毎に覚える必要があり、運用負荷が高くなる問題が発生するでしょう。

この問題の解決策の一つとして、クラウドシステムの監視をZabbixから行う方法を検証してみようと思い立ちました。

実現したいこと

Azure仮想マシンのCPU使用率をAzure Monitorから取得するスクリプトを実行します。
取得したCPU使用率をZabbixに取り込みます。

やりたいこと

設定方法

AzureリソースのCPU使用率を取得するPythonライブラリが提供されているので、CPU使用率を取得できるPythonスクリプトを作ります。
Pythonスクリプト実行で取得した結果をZabbixで監視する設定を行います。

事前準備

・ZabbixサーバでPythonを実行する環境を作る。
・Azure Monitor用のPythonライブラリをインストールする。
 参考資料:Microsoft Azure SDK for Python
・PythonスクリプトからAzureへの認証として使用するサービスプリンシパルをAzure側に作成する。
 参考資料:Azure CLI で Azure サービス プリンシパルを作成する

Azure仮想マシンのCPU使用率を取得するPythonスクリプトの作成

ここにサンプルのスクリプトが紹介されていますので、これを改修して作成します。

注意すべき点は、Zabbixが取り込むことができるフォーマットでCPU使用率を出力する必要があるという点です。
数字が一つ出力されるようにするのが一番簡単な手段です。

このスクリプトを実行した結果です。

スクリプト実行で取得したCPU使用率をZabbixで監視する設定

Zabbixには外部チェックという機能があって、任意のコマンド実行結果を監視データとして取得することができます。
そこでスクリプトを監視アイテムとして登録します。
ここで工夫しなければいけないのが、ホスト名の指定です。
スクリプトを実行するホストがZabbixサーバ自身なのでIPアドレスとして「127.0.0.1」を指定しますが、
Zabbixが識別するホスト名としてはAzure上のホストであることがわかるような名前「azure-linux-01」を指定します。

ホストの登録
ホストの設定

監視アイテムの登録
アイテムの設定

AzureとZabbixでの監視結果の比較

Azure Monitorでの表示
Azureのグラフ

Zabbixでの表示
zabbixのグラフ

ZabbixでAzureリソースを監視する上での課題

Azure 監視ライブラリを活用したPythonスクリプトが、CPU使用率の数字でなく「None」という値を返すことがあります。
ZabbixではCPU使用率の浮動小数点数を取り込むことと前提としたデータ型「数値(浮動小数)」を定義してますので、「None」という値が返されたときはZabbixに取り込むことができません。
この点は、マイクロソフトのサポートに問合せして解決する予定です。

>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*