C#の型推論

★★★ Live配信告知 ★★★ぜひお申込みください!
◆◇世界一わかりみの深いクラウドネイティブ on Azure◆◇
8/4(木) 19:00~ 第17回:コンテナをサーバーレスでラクラク実行 〜 Azure Container InstancesとDocker CLIで実現 〜 今回は、コンテナをサーバーレスで実行するテクノロジとDocker CLIとの連携を紹介します。
◆◇PS Live◆◇
8/5(金) 12:00~ 第18回:アウトプットはイイぞ 〜サイオステクノロジーLT大会〜 エンジニア初級者向けから、個人ネタまで、エンジニア脳を体感できるプログラムです。

サイオステクノロジー技術部 武井です。C#の型推論について、アンチパターンも含めてちょっとだけまとめてみました。varとかいうやつです。

varの使いどころ

こういうコードがあったとします。

Dictionary<string, Dictionary<int, string>> hoge = new Dictionary<string, Dictionary<int, string>>();

長いですね、、、。こんな時のvarです。このように書き直すことが出来ます。

var hoge = new Dictionary<string, Dictionary<int, string>>();

コードがスッキリしました。右辺のnew Dictionary<string, Dictionary<int, string>>から型を推論してくれます。つまり、varはDictionary<string, Dictionary<int, string>>に等しいです。

ダメなパターン

以下のようなコードはアンチパティーンです。

var hoge = fuga.Result;

右辺から左辺の型が想像出来ないからです。string?int?どのみち、fugaのクラスの仕様を見てみないとわかりません、、、。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*