WSL2上でGitをpushすることができない方に向けて

WSL上でGitのpushができない
◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
VSCode Dev Containersで楽々開発環境構築祭り〜Python/Reactなどなど〜
Visual Studio Codeの拡張機能であるDev Containersを使ってReactとかPythonとかSpring Bootとかの開発環境をラクチンで構築する方法を紹介するイベントです。
https://tech-lab.connpass.com/event/311864/

ども!今回はwindowsではGitを使えるけどWSLではpushができないという方がきっと設定忘れているものについて書いておきました。結論は公式リファレンスをしっかり読みましょう二まとまるのですが、公式リファレンスが苦手な方に向けて接続記事になっています。すっごく短いですが誰かの助けになれば..

挨拶

ども!新年一発目のお仕事はブログの投稿だった龍ちゃんです。ゆっくり始動しており、福岡を離れる準備を着々と進めております。年末年始はブログ執筆からも離れて、過去のブログの整理やネタ探し程度に作業をしていた気がします。思い出せば、家族の年賀状の作業を軽く作業した記憶しかないですw。今年は、ブログを投稿したらX(Twitter)に投稿するように進めていきます。

さて、今回は備忘録として執筆しておきます。今回のトピックは「WSL上でGitのpushを実行することができない(Windowsではできる)」人に向けた話になります。もっと踏み込んだ話では、「pushしようとすればユーザー名やアカウントを聞かれて落ちる」方が対象です。実際に僕が困っていた内容で、さっくりと解消することができたので「公式リファレンスを読むのが苦手な方」向けに書いておきます。

WSL上でGitのpushを実行することができない

解決策については、公式リファレンスに記載がありました。簡単に説明すると、「Windowsで使用している設定をWSL上から参照するためのパスを通す」になります。手順としては以下になります。

これだけで、あれだけできなかったpushができるようになります。

終わりに

今回は、公式リファレンスをちゃんと読もうという話が根底にあります。この記事は単体でしか書くことができないことに諦めをつけて執筆しています。MSの公式にすべてが書いてあるので、Azure周りも公式リファレンスを読むことか、Microsoft Learnに入門していくのが良いと感じています。

連休中に整理していたブログをちょこちょこっと執筆して、検証作業を進めていきます。ブログの共有目的以外でTwitterの活用がわかっていないのですが、アルゴリズム的にはもっと活用していかないといけないですね。

過去ブログ張っておきます。

がんばります( *´艸`)

アバター画像
About 龍:Ryu 106 Articles
2022年入社で主にフロントエンドの業務でTailwindと遊ぶ日々。お酒とうまいご飯が好きで、運動がちょっと嫌いなエンジニアです。しゃべれるエンジニアを目指しておしゃべりとブログ執筆に注力中(業務もね)//
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる