研修でメールサーバを構築しました。

サイオステクノロジーの小川です。研修でメールサーバを構築したのでそれについて執筆したいと思います。

今回はSMTP/POP3 over SSLを利用したメールを送受信できるメールサーバをAzure VMで構築しました。

OS環境 Cent OS 7.5
使用ソフトウェア バージョン
postfix 2.10.1
dovecot 2.2.36

また、このメールサーバのMXレコードはDNSサーバに登録済みであるとします。以下は今回の概要図です。

概要図

 SMTPサーバの構築

まずはSMTPサーバを構築するために、postfixをインストールします。

postfixの設定ファイルである/etc/postfix/main.cfを編集していきます。

メールサーバの名前を設定します。

メールを受信するドメインの指定をします。

すべての送信元からのメールを受け付ける指定をします。

受信アドレスの指定をします。デフォルトの設定に$mydomainを追加します。これにより、メールのループを防ぎます。

送信先のアドレス検索に内部ネットワーク内に既に構築したDNSサーバを参照する設定を行います。

ここからTLSの設定をしていきます。

証明書を発行し、そのパスを記載します。

TLSの詳細を設定をします。

次に、/etc/postfix/master.confを編集します。

以下をコメントアウトします。

SMTP over SSL/TLSポートに関する設定で以下のコメントアウトを外します。

postfixを再起動して設定を反映させます。

 pop3サーバの構築

今回はメールの読み出しを行うサーバとしてPOPサーバを利用します。

dovecotをインストールします。

/etc/dovecot/dovecot.confでプロトコルの設定を行います。

次に/etc/dovecot/conf.d配下のファイルを編集していきます。

10-master.confでdovecotのポートを設定します。

10-ssl.confでsslの利用設定をします。

証明書を発行しパスを指定します。(この時に<をつけ忘れるとエラーが起こります。)

10-auth.confを編集しプレインテキスト認証を許可します。

10-mail.confを編集しMaildirの設定をします。

Dovecotを再起動し、設定を反映します。

これでSMTP over SSL/TLS, POP3 over SSL/TLSを用いたメールサーバができました。

実際にメールの送受信する

Thunderbirdを利用してメールユーザのsenderからreciever宛にメールを送信してみます。

send_mail

reciever側で受信することができました。

recieve

メールの送受信のログを確認してみます。

logl

赤線部分のログで送受信にSMTP,POP3 over SSL/TLSが適用されていることが確認できます。

Azureでメール送信を実運用する場合は、SendGridが必要になります。次のブログを参考にしてください。 https://tech-lab.sios.jp/archives/2401

最後に

研修でwebサーバ、DNSサーバ、メールサーバを構築しましたが、はじめはサーバの構造や周りのサーバの連携の仕組みなどを理解するのが大変でした。そこを理解していないと通信先のIPやプロトコルの指定がうまくいかずにとても苦労しました。しかしこれらのサーバの構築やネットワークの仕組み理解を通して、centosやネットワークについてなどの理解をすることができました。

研修で得た知識をこれから生かせるように業務に励みたいと思います。

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

2人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*