de:code 2019レポート 〜 【その他】会場の様子 〜

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。ここ数日に渡って、de:code 2019の「ほぼ」リアルタイムレポートをお届けしております。

今回は会場の様子をお届けします。

会場は大きく分けて以下のようになっております。

  • パートナーの展示エリア(EXPOエリア)
  • 数百名を収容できるセッションルーム
  • それより小さいセッションルーム
  • EXPOエリア内にあるオープンシアター(20分程度のセッションがEXPOエリア内のオープンなスペースで実施されます)
  • ハンズオンが行われるセッションルーム

以下が会場の地図となっております。

IMG_0452

 

EXPOエリアの様子です。数多くの展示ブースがあります。

IMG_0147

 

やはりマイクロソフト、Minecraftを忘れてはなりません。

IMG_0150

 

HoloLensのブースが多く見られました。以下は基調講演でも上映された、サービスエンジニアがHoloLensによって車のメンテナンスを効率化する様子です。

IMG_0157

 

クラウド相談コーナーになります。クラウド以外にも、相談コーナーが多数ありました。

IMG_0161

 

意外とわかりにくい場所にあるのが、この参加者ラウンジです。結構セッションの間に時間があくことがあるので、この参加者ラウンジで時間を潰すのもありです。机、イス、電源、飲み物全て完備です。

IMG_0162

 

そして定番のミスタードーナツのドーナツの無料配布です。

IMG_0164

 

かなりのバリエーションがあります。ポン・デ・ストロベリーもあるところがポイント高し。

IMG_0144

 

ドリンクも無料配布です。

IMG_0145

 

なぜか今年はかっぱえびせんが無料配布されてました。

IMG_0146

 

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*