Microsoft Build 2019レポート 〜 【セッション】Build cloud native apps using MySQL that scale to 500 million transactions a day on Azure 〜

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。Buildレポートも何回目でしょうか、、、。今回は、Cloud NativeなアプリでのMySQLで以下にパフォーマンスを出すかという議題がメインのセッションです。

セッション前半は、とある銀行のAKSを使ったシステムの説明でした。MySQLを利用するシステムのようです。後半のあたりからMySQLのパフォーマンスのお話になりました。

 

MySQLのポータル画面で、時間のかかるクエリの一覧が簡単に見えるようです。

IMG_9389

 

特筆すべきは、AIによって、問題のあるクエリを解決するためのクエリを提案してくれるという機能がありました。パフォーマンス・チューニングをAIがやってくれるというイメージですね。これはすごいです。

IMG_9390

 

一昔前は、実行計画とにらめっこして、自分自身でパフォチューしなければなりませんでした。

つい最近までは、パフォチューに時間をかけるならスケールアウトで解決してしまえという感じでした(私だけかもしれません)。

そしてこれからはパフォチューはAIにやらせる時代なのですね。

未来を感じました。インフラはサーバーレスに、そしてチューニングはAIにといった感じで、開発者の手間がどんどん省ける時代になってきました。そうして空いたリソースを、よりよい設計に費やすことで、生産性を上げることが求められるのかもしれません。

>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*