imapsync でOffice365にメールデータ移行してみた。

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
【6/19開催】Kong Community Japan Meetup #4
本イベントでは、Kong Inc. のVP of ProductであるReza Shafii氏もプレゼンターとして参加。当社からはアーキテクト マネージャーの槌野の登壇が決定!参加無料です!!
https://column.api-ecosystem.sios.jp/connect/kong/1081/

【6/21開催】開発者目線でのSBOMとの向き合い方
SBOMの導入から開発者がSBOMの作成・管理を自動で行っていくための方法(デモ)を紹介します。SBOMを全く知らない人から、開発との統合までを紹介するので様々なレベルの方に学びがあるライブとなる予定です!
https://tech-lab.connpass.com/event/321422/

【7/19開催】現場で役立つAzure神小技10+α 〜生成AI,RAG,コスト削減など旬な技術満載のLT大会〜
Azureの最新技術や実用的な小技を紹介する特別なライトニングトーク大会を開催します!
https://tech-lab.connpass.com/event/319077/

【7/26開催】最適なIaCツールを選ぼう
プロジェクトでのツール選びに困らないための重要な観点をご説明します!
https://tech-lab.connpass.com/event/319532/

こんにちは
先日、小規模なメールデータ移行をOffice365のExchange Onlineに対して行うことがありました
通常、Exchange Onlineへのメールデータ移行には、MSが提供している「移行バッチツール」を使用することが一般的です。
しかし、今回の移行ではいくつかのアカウントがエラーになってしまい、移行が完了しませんでした。
そこで、代替案を探していたところ「imapsync」というツールを発見したのでご紹介したいと思います。

imapsync とは

「imapsync」はIMAP移行ソフトウェアです。インストールしたサーバが中継役となり、移行元サーバから、移行先サーバにメールデータを転送していきます。
今回は、オンプレミス環境のIMAPサーバから、Exchange Onlineに対してメールデータ移行を実施します。

インストール

まず、中継用サーバを用意し、imapsyncをインストールします。OSに関しては、Windows、Linuxであれば、対応しています。
今回は、AzureにCentOS 7 を構築し、インストールしていきます。サーバの構築に関しては別記事を参照ください。

まず、以下のコマンドにてimapsyncをインストールしていきます。

sudo yum install imapsync

もし、yumコマンドにてインストールができない場合は、EPELリポジトリが追加されていないことが原因の場合があります。その場合、以下のコマンドにてレポジトリを追加します。

sudo yum install epel-release

インストールが完了すれば、あとは特に設定等は必要ありませんので、移行を実施していきます。

コマンド実行

以下のコマンドを実行すると、一連の移行処理が問題なく行えるかをimapsyncが確認してくれます。
問題ない場合は最後の –dry を外し、本実行を行います。

imapsync \
--host1 <移行元IMAPサーバのIPアドレス又は、ホストネーム> --port1 <接続ポート> --ssl1 --authmech1 LOGIN \
--user1 <移行元ユーザ名> --password1 <移行元ユーザパスワード> \
--host2 outlook.office365.com --port2 993 --ssl2 --authmech2 LOGIN \
--user2 <移行先Office365ユーザ名> --password2 <移行先Office365ユーザパスワード> \
--dry

各引数の説明

引数入力値(例)説明
–host1testsios.ac.jp移行元IMAPサーバのホスト名
–port1993移行元サーバのIMAP(S)ポート
–ssl1入力値なし移行元との通信にsslの使用を明記
–authmech1LOGIN認証形式の指定
–user1siostest移行元ユーザ名
–password1PassWord01移行元ユーザのパスワード
–host2outlook.office365.com(固定)Exchange Onlineのホスト名
(変更の必要はなし)
–port2993(固定)Exchange Onlineのポート指定
(変更の必要はなし)
–ssl2入力値なし移行先との通信にsslの使用を明記
–authmech2LOGIN 認証形式の指定
–user2siostest@testsios.onmicrosoft.com移行先ユーザ名
–passwprd2PassWord02移行先ユーザのパスワード
 –dry入力値なし明記した場合はテスト実行

コマンドが終了したらカレントディレクトリにログフォルダ(LOG_imapsync/)が作成され、その中に実行ログが保存されています。
エラーが発生した場合は、そのログを解析して対処していくといいでしょう。
今回の設定は、必要最低限のオプションしか使用していませんが、imapsyncには多くのオプションが実装されています。詳細は下記をご参照ください。
詳細

最後に

今回は、「移行バッチツール」を使用することなくメールデータを移行する手段として、「imapsync」を紹介させていただきました。
注意点としては「imapsync」は、IMAP(S)の通信ポートを使用しますが、IMAP(S)の通信ポートをネットワークにセキュリティ対策なしに開放するのは危険ですので、IPアドレスでフィルターするなど対策を実施してください。

アバター画像
About 荒俣 15 Articles
認証基盤、データベース構築、ID管理システム担当。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる