GitHub Enterpriseでの謎のディスク容量消費に対応する

Octocat logo

★★★ Live配信告知 ★★★

第4回のPS Live配信は、昨年のCloudNative Days Tokyo 2020で、OSSのAPIGatewayでおなじみKongが開発する、サービスメッシュのKumaについて発表を行った槌野が、再びKumaについて語ります!
【2021/6/25(金) 17:00〜17:30】Kumaでメッシュなマイクロサービス リターンズ

こんにちは、やまねと申します。

前回は WordPress プラグインのコンフリクトの話を書きましたが、今回は全く違うネタ「社内で運用しているGitHub Enterpriseサーバーのメンテナンス」のお話を供養させてください。

  1. GitHub Enterpriseでの謎のディスク容量消費に対応する (今回の話)
  2. GitHub Enterpriseのハードウェア最小要件がどんどん上がっている件
  3. GitHub EnterpriseでActions用s3設定をミスっていてアップデートでコケるの巻

 

管理引き継ぎを無茶振りされて引き継いだ翌々日からいきなりフィッシングサイト登録されて苦労したりと中々ヘビーな滑り出しから始まったGitHub Enterpriseサーバーの管理。しばらく小康状態が続いていたものの、最近メンテナンスアップデートしたらコケて難儀するなどしました(この辺りは別の機会に)。

で、サポートに問い合わせの際に「インスタンスのディスクサイズがずいぶん小さい」という指摘を受けました。

確かにディスクサイズは小さかったのですが、どうも以前より妙にディスク容量が消費されてるな?と思い、調査してみたところ /data/user/patch ディレクトリが41Gも消費していることに気づいたのです。/data/user/patch の中身を見るとバージョンごとに別れていますが、vm_files 以下の容量がバージョン2.21.5を境に急激に増えています(数百KB→数GB)

504K 2.14.5/vm_files
652K 2.14.6/vm_files
764K 2.14.7/vm_files
(中略)
368K 2.21.2/vm_files
396K 2.21.3/vm_files
412K 2.21.4/vm_files
1.4G 2.21.5/vm_files
1.4G 2.21.6/vm_files
1.4G 2.21.7/vm_files
(中略)
5.9G 3.0.3/vm_files
4.6G 3.0.4/vm_files

一体なんでだろ?というのと、容量食ってるので消せないか、サポートに尋ねて回答が来たので以下にざっくりまとめます。

/data/user/patch ディレクトリの肥大化について

  • バージョン 2.21.5 から vm_files 以下の急にサイズがでかくなったのは docker イメージを含むようになったから
  • 問題は認識しているので、後のバージョンでは対応したい(この時点ではバージョン3.0.5を利用中)
  • /data/user/patch ディレクトリ以下はパッチがきちんとあたったら sudo rm -rf /data/user/patch/*  して消して構わない

なるほどね!ということで、/data/user/patch/* の削除を行い容量が空きました。同じ様にGitHub Enterpriseサーバーを運用されている方はお掃除を検討してみてください。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
About Hideki Yamane 5 Articles
Debian developerを務める傍ら、猫や幼児の相手をしている(合間に仕事)。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


2 × five =