Flatpakアプリケーションを使用する

flatpak
◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
VSCode Dev Containersで楽々開発環境構築祭り〜Python/Reactなどなど〜
Visual Studio Codeの拡張機能であるDev Containersを使ってReactとかPythonとかSpring Bootとかの開発環境をラクチンで構築する方法を紹介するイベントです。
https://tech-lab.connpass.com/event/311864/

概要

 LinuxでGUIアプリケーションをインストールする際に、Flatpakというキーワードを聞くことがありますので、Flatpakについて説明し、Ubuntuに導入する方法や管理する上で便利なツールを紹介します。

 

Flatpakについて

 まず、Flatpakについて説明する前に、デスクトップアプリケーションの実行について説明する必要があります。

 デスクトップアプリケーションは様々なランタイムと実行プログラムから成り立っており、作成したプログラムによっては特定のバージョンのランタイムでないと動かないことがあります。そのためランタイムの導入バージョンでは動かないデスクトップアプリケーションが出来上がります。その問題を解決するため必要なランタイムやプログラムをパッケージとしてまとめて導入と動作させれば問題ないという考えを実現したものの一つとして、Flatpakというパッケージシステムという物が出来ました。

 Flatpakはデスクトップアプリケーションを動かすことを目的に開発しているため、特定の依存関係による問題は少なく、インストールすることができれば、どのLinuxディストリビューションでも問題なく動作します。

 実際にソフトの入手はFlathubと呼ばれる場所で配布してあるアプリケーションを手に入れるのが一般的です。ただ、そのサイトでのアプリケーション管理は、コミュニティ駆動のため、登録してある全てのアプリが一定のセキュリティ保証をするものではありません。

 なお、FlatpakはSteamDeakのデスクトップアプリケーションの導入に使われています。

Ubuntuで導入するには

 公式サイト(https://flatpak.org/setup/)に記載してあるQuick Setupにそって導入すれば問題ありません。Ubuntu 22.04を例に取って導入する場合は、以下のコマンドで、flatpakコマンドを導入します。

sudo apt install flatpak
 以下のコマンドでflathubのリポジトリを登録します。

flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://dl.flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

 

Flatpak版Google Chromeブラウザを導入

 Flatpak版のGoogle Chromeブラウザを導入するには以下のコマンドを実行します。

flatpak install com.google.Chrome

 実行後、スタートメニューにGoogle Chromeのアイコンが出来ているのでそれを実行すればGoogle Chromeが起動します。

図 flatpak版Google Chromeインストール後のスタートメニュー

 

 アンインストールする場合は以下のコマンドを実行します。その結果、スタートメニューからも削除されます。

flatpak uninstall com.google.Chrome

 

 

管理する上での便利なツール

 コマンドラインだけでは管理しづらいので、以下のツールをインストールするとGUIによる管理ができるようになり、作業の簡略化が進みます。

  • Discover
    • KDEベースのソフトウェアセンター
  • Flatseal
    • Flatpakアプリケーションの権限管理ユーティリティツール

Discoverの導入

ソフトウェアの検索とインストールはコマンドだけで実施することも不可能ではないのですが覚えることが多いので、それを簡略化するためDiscoverというソフトがあります。インストールする際には、以下のコマンドを実行してください。

sudo apt install plasma-discover plasma-discover-backend-flatpak

図 Discoverの動作画面

 

Flatsealの導入

 Flatpakのアプリケーションは各リソースに対して権限が決められており特定ファイルやネットワークを使用するのに権限を与える必要があります。ただその設定をすることは複雑なので、それを簡易的に操作するツールとしてFlatsealがあります。これを使用することでアプリケーションを特定のフォルダにアクセスさせる設定が容易になります。なお、インストールする際は以下のコマンドを実行してください。

flatpak install com.github.tchx84.Flatseal

図 Flatsealの動作画面

文字化け解決例

一部のアプリケーションは文字コードの関係で文字化けを起こす可能性がありますが一応以下のコマンドで解決することができるときがあります。もし、アプリ名がわからない場合は、Tabボタンを押すとインストールしたアプリケーションのリストが出てきます。

flatpak run --command=fc-cache {アプリ名} -f -v

 

まとめ

 Flatpakを使用すれば、Linuxデスクトップアプリケーションを導入することは難しくないことがわかります。これを利用してLinuxデスクトップPCを使い始めては以下かがでしょうか?

アバター画像
About 中島克典 8 Articles
サイオステクノロジーでインフラ関連の業務を実施。趣味で自宅でKubernetesを運用し、その環境下で自作アプリ開発運用を実施。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる