グループウェアAI動向 Duet AI と Microsoft Copilot

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
【5/21開催】Azure OpenAI ServiceによるRAG実装ガイドを公開しました
生成AIを活用したユースケースで最も一番熱いと言われているRAGの実装ガイドを公開しました。そのガイドの紹介をおこなうイベントです!!
https://tech-lab.connpass.com/event/315703/

【5/27開催】事業変革を最新ソフトウェア技術で加速する「OSS利活用事例セミナー」
OSSのビジネス活用事例などを紹介します!登壇者はスカパー様やIPAなど🎤
OSSを活用した新たなビジネス創出やDX推進のヒントを得られる機会です。
https://ossforum.connpass.com/event/318583/
【6/19開催】Kong Community Japan Meetup #4
本イベントでは、Kong Inc. のVP of ProductであるReza Shafii氏もプレゼンターとして参加。当社からはアーキテクト マネージャーの槌野の登壇が決定!参加無料です!!
https://column.api-ecosystem.sios.jp/connect/kong/1081/

こんにちはサイオステクノロジーの前田です。グループウェアの2台巨頭 Google Workspace と Microsoft Officeに関して公式の生成AIの導入&利用情報が発表されました。生成AIはChatGPTしか利用していない人もWord等のアプリにも利用されるため、今後はAIがより一般的になります。本日は2023年9月までに出たグループウェアAI動向を記載します。

グループウェアにおけるAI導入

パソコンを利用した仕事をしているほとんどの人は、グループウェアのアプリケーションを利用しています。ドキュメント作成のMicrosoftのWord, Excel, Power PointやメールソフトのOutlook , Gmail等を利用しています。

グループウェア比較表

Google WorkspaceMicrosoft  365
メールGmailOutlook
チャットGoogle ChatMicrosoft Teams
予定管理Google カレンダーMicrosoft Outlook
文書作成

Google ドキュメント

Google スプレッドシート

Google スライド

Microsoft Word

Microsoft Excel

Microsoft  PowerPoint

ビデオ会議Google MeetMicrosoft Teams

業務でパソコンを利用している方のほとんどが利用するアプリケーションが記載されています。上記にAIが導入されるため、どのように利用するかは各企業考慮する必要があります。

グループウェアAI情報

いろいろな情報が出ているため、一度リリース情報や履歴を下記にまとめます。(2023年9月中旬まとめ)

  • Microsoft Copilot 
    • 今まで
      • 2023年3月 AI利用 Microsoft Copilot プレスリリース、限定会社のみ利用可能
      • 2023年7月  Microsoft 365 Copilot 価格公開&Bing Enterpriseのpublic preview開始
    • これから
      • 2023年9月26日 Windows 11 への無料アップデートの一部としてCopilot in Windows 11 (プレビュー)デフォルト利用で展開
      • 2023年11 月 1 日 企業顧客向けにMicrosoft 365 Copilot 一般提供開始
  • Duet AI for Google Workspace
    •  今まで
      • 2023年5月 Duet AI for Google Workspace プレスリリース
      • 2023年8月29日 Duet AI for Google Workspace 一般提供(英語のみ)

 

Office Copilotや Windows CopilotとAI導入される内容や時期で名称が違います。いろいろな記事が出ており、言い方も変化しているため他記事を確認する場合はご注意ください。

AIに関するライセンス

金額備考参考リンク
Duet AI for Google Workspace4080円(月/ユーザー)

無料期間あり

通常利用にアドオンとする追加ライセンス形式

価格は他社情報参照
Microsoft 365 Copilot

30$(月/ユーザー)

通常利用にアドオンとする追加ライセンス形式参考リンク

両方とも通常利用に追加ライセンスが必要になります。

 

下記はMicrosoft 365 Copilotのライセンス適応範囲です。MicrosoftではBing Chat(5$)だけを利用する等のプランごとに異なる利用範囲もあります。

Copilot in Windowsとよばれる9月26日からプレビュー利用開始される機能は、26日のwindows updataでwindows11にデフォルト有効化される模様です。

参照リンク画像

AI導入の利点&機能追加

導入予定の内容もありますが、AI導入の利点&機能追加がされるかという観点で機能別に記載します。

2023年9月時点で Duet AI for Google  Workspaceは英語のみ対応しております。

メール関連

  • メールスレッドの要約
  • メールの下書きの作成

メールの下書きを記載してくれるということで、普段メールを書かないエンジニア等の技術者や新卒社員の業務効率化には大きく貢献します。またメールの途中から参加した人も要約文章があると、状況把握が簡易になり作業時間の削減ができます。

文章作成

  • 新しい文章の作成
    • マニュアルの長文の下書き作成
    • 一般文章(定型文)の下書き作成 
  • 既存文章の書き換え
    • よい言いまわしへの変更(文章の簡潔化、丁寧な言い回しへの変更)
    • 文体の変更、カジュアルな文体への変更
  • 概要作成
  • テーブル作成時のフォーマット補助

文章作成時の下書き等を作成することで作成時間の短縮ができるのと、概要がない長い長文でAIに概要を作成し把握することで、作業効率が上がります。

表計算

  • データ解析や分析の簡易化、高度解析をCopilotが補助
  • Todoリストやタスクの下書き作成
  • 数式の適応を言葉(プロンプトで)設定

学習が必要な高度な機能をAIを利用することにより、簡易に機能を利用できます。

会議

  • 背景画像の作成
  • リアルタイム翻訳
  • ビデオの簡単な要約を作成
  • 自由形式の質問、結果と簡単なポイントを素早く特定(トピックがいつ議論されているか質問するとそのビデオのポイントにジャンプ)

おわりに

生成AIの導入はChatGPTのような限定された利用ではなく、より身近になります。普段利用しているWindwosへの導入やOffice製品への導入により、これからはAIが存在するのが当たり前の時代になります。パソコンやインターネットが2000年代限定的利用だったのが、今はインフラの一つになり、パソコンやインターネットを使わない仕事は考えにくいようになりました。そのようにAIもインフラの一つになります。生成AI利用しなくても仕事はできます。しかし、生成AIを利用しなくて遅れた影響は出てくるでしょう。グループウェアのAI導入は追加コストやセキュリティ等考えると大変ですが、この記事がAI導入で悩む人たちの一助になれば幸いです。

 

参考リンク

Duet AI for Google Workspace の提供開始

Microsoft 365 copilot情報

Microsoft 365 Copilotの紹介

Microsoft 365 Copilot の一般提供と Microsoft 365 Chat の発表

アバター画像
About 前田周哉 29 Articles
血液はみかん色。インフラを中心に対応、認証、DB、API、コンテナ基盤,クラウド、iotなど複数のシステムインフラを対応するサーバエンジニア。現在はOpenShift中心にkubernetesに関連する対応が中心。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる