CentOS 7 に Docker で OpenLDAP コンテナを構築する

★★★ Live配信告知 ★★★

Azureでクラウドネイティブな開発をするための方法について、世界一わかりみ深く説明致します!!複数回シリーズでお届けしている第5回目は、「Application Insightsでアプリケーションパフォーマンス管理に全集中!!」と題しまして、Azureに関するお役立ちノウハウをたくさんお届けします!!
【2021/8/25(水) 12:00〜12:30】

こんにちは。サイオステクノロジーの木村です。

今回は、CentOSにDockerでOpenLDAPコンテナを構築する方法についてご紹介します。

環境

CentOS 7.9

Dockerのインストール

CentOSにDockerをインストールする手順を記載します。
(インストール手順については公式ページを参考にしました。)

1. Docker Engine をインストールするには、メンテナンスバージョンが必要なため、以下のコマンドを実行しOSを最新化します。

2. 古いバージョンの docker または docker-engine がインストールされている場合は、関連する依存関係とともにアンインストールします。

3. 安定版 Yum リポジトリを設定します。

4. Docker CE をインストールします。

以上でインストールは完了です。

5. Dockerを起動するには、以下のコマンドを実行します。

6. OS 起動時に Docker が自動起動するように設定するには以下のコマンドを実行します。

Dockerfileの作成

1. 以下のようにDockerfileを作成します。

※ OpenLDAP用のイメージはこちらに公開されています。

2. 今回は、構築時にユーザーデータも登録したいと思いますので、以下のLDIFファイル(user.ldif)を作成します。
(構築時にユーザーデータを登録しない場合は不要です。)

3. 作成した DockerFile、user.ldif を任意の同じディレクトリに配置します。
例)

※Dockerfileについて詳しく知りたい方は以下の記事もご参照ください。
【連載】世界一わかりみが深いコンテナ & Docker入門 〜 その3:Dockerfileってなに? 〜

コンテナの起動

1. 上記Dockerfileの作成でファイルを配置したディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行して、イメージを作成します。

2. 以下のコマンドを実行し、作成したイメージをもとにコンテナを起動します。

以降は、以下のコマンドでコンテナの起動と停止を行います。

起動

停止

確認

以下のコマンドで作成した環境に接続し、ユーザーが検索できるか確認します。

以下のように user.ldif に記載したユーザーが検索できれば成功です。

Dockerを使うとOpenLDAPの構築もとても簡単にできるので、ちょっとした検証環境を作る時などとても便利です。
是非お試しください!





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*