CentOS8でのDRBD9を動かそう!!

2019/09/24にCentOS8がリリースされました。CentOS8にDRBD9をインストールしてテストしてみましょう。

1.ソースコードからコンパイル

DRBDはカーネルオブジェクトとして動く部分と、ユーザー空間で動くコマンドから構成されます。

それぞれのソースコードは別々のURLからダウンロードできます。

とりあえず以下の手順で、カーネルオブジェクトの部分であるkmod-drbdのrpmファイルがCentOS8で作れました。

※本blogを執筆時のDRBDの最新バージョンは9.0.20(rc2)でした。最新バージョンはここから確認下さい。

次にdrbdamやdrbdsetupコマンドをインストールするため、drbd-utilsのtarファイルをダウンロードしてコンパイルします。

/root/rpmbuildにrpmファイルが作られます。

2.LINBITのリポジトリからダウンロード

LINBITのサポートライセンスを契約すると、LINBITが運営するリポジトリサーバへのアクセスできます。設定方法はCentOS7の場合と同じで、/etc/yum.repo.d/linbit.repoというファイルに次のような記述をします。

※<ハッシュ番号>は40文字の文字列で、契約されたユーザ様の契約ノード毎に提供されます。

これで後はyumコマンド(またはdnfコマンド)でDRBDをインストールできます。

3.動作確認

インストール後は、/etc/drbd.d/ディレクトリに設定ファイルを置いて、DRBDを起動します。このあたりの動きはCentOS7等と同じです。

以下はDRBDのストレージが/dev/sdb1の設定例です。

設定ファイルが出来たら、初期化してxfsのファイルシステムとしてマウントしてみます。
まずメタデータを両ノードで作成します。(このコマンドは両ノードで実行します。)

次に両ノードでDRBDを起動します。(このコマンドも両ノードで実行します。)

node1を一旦Primaryにして初期同期を開始します。(このコマンドはnode1で実行します。)
ここで初期同期が開始したらSecondary状態に戻してください。これはDRBD9にはAuto Promoteの機能があるためで、Sedondary状態に戻し忘れると、系切り替えができなくなることがあります。

最後にファイルシステムを初期化して/mntディレクトリにマウントします。

CentOS7と同じように使えました。

CentOS8はyum コマンドがdnf コマンドに変わったり、ファイヤーウォールの内部コマンドが変わったりしていますが、DRBDのコンパイルに関しては大きな違いはなく、これまでと同じように実行ができるようです。

DRBDの設定についてはこちらの記事でもご紹介しています。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*