KubernetesでDeploymentのRollback

★★★ 緊急告知 ★★★

Visual Studio Code,Docker,WSLを使ってWindows開発環境を改善するためのオンラインセミナーやります!Web+DB Press vol.117に寄稿した内容がベースで,イマドキのナウい開発環境を体感出来ます。

【2021/1/29(金) 19:00〜】WSL2、Visual Studio Code、DockerでグッとよくなるWindows開発環境
https://tech-lab.connpass.com/event/201242/

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。KubernetesでDeploymentのRollbackを試してみました。

Kubernetesには、いつでも旧バージョンのデプロイに戻せるようにDeploymentのRollback機能があります。試したのはAzure Kubernetes Serviceですが、他のクラウドサービス上のKubernetesでも同じだと思います。

以下のようにhogeと表示する単純なPHPをVer1.0とします。

こちらの記事の方法に従って、Azure Container Registryにpushして、以下のkubectlコマンドでデプロイします。–recordオプションをtrueにしたのは、変更履歴に残したいためです。

 

以下のコマンドで変更履歴を確認してみます。先程デプロイした履歴がREVISION 1として記録されています。

 

portfowardでコンテナの動作を確認してみます。

hogeと表示されました。期待どおりです。

 

次に先程のPHPを以下のように変更してみます。

 

同じようにこちらの記事の方法に従って、Azure Container Registryにpushして、以下のkubectlコマンドでデプロイします。

 

同じように以下のコマンドで変更履歴を確認してみます。先程デプロイした履歴がREVISION 2として記録されています。

 

portfowardでコンテナの動作を確認してみます。

fugaと表示されました。期待どおりです。

 

では、前のバージョンにRollbackしてみます。kubectl rollout undo deploymentコマンドで以下のように行います。Revisionを1に戻したいので、–to-revisionで1を指定します。

portfowardでコンテナの動作を確認してみます。

hogeと表示されました。一つ前のRevisionに戻せました。

Kubernetesではこんなに簡単に前のバージョンに戻せるので、とっても便利ですね。万が一のステップバックも簡単です。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*