Azure Kubernetes Serviceでの共有ストレージ(NFS Server on VM編)

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。今回は、Azure Kubernetes Serviceで利用できる共有ストレージの中で、Virtual Machine上にNFS Serverを立ててみるのを試してみました。

Azure Kubernetes Serviceで利用できる共有ストレージ

公式マニュアルでは、Azure Kubernetes Serviceで利用できる共有ストレージは以下の3つがあります。

  • Azure Files
  • Virtual Machine上に立てたNFSサーバー
  • Azure Netapp Files

今回はVirtual Machine上に立てたNFSサーバーを試してみることにします。

早速実践!!

以下のマイクロソフトのサイトに記載の手順に従っています。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/aks/azure-nfs-volume

まずUbuntu Serverの仮想マシンを構築して以下のスクリプトを実行して、NFS Serverをインストールします。基本的に以下のコマンドを実行すると、NFS Serverが一発でインストール出来ます。引数を3つ取りますが、3つ目の引数はNFSサーバーを公開するサブネットを指定します。特に指定しなければ、全てのサブネットに対して公開されますが、絞りたい場合は、AKSのノードが配置されているサブネットを指定して下さい。

 

次にPersistentVolumeを作成します。

 

次にPersistentVolumeClaimを指定します。

 

最後にボリュームをマウントするためのDeploymentリソースを定義するマニフェストを書きます。

 

これで完了です。簡単ですね。

まとめ

Kuberbetesでデータを永続化したい場合は必ず何らかの共有ストレージは必須になります。今回ご紹介した方法は仮想マシン上にNFSサーバーを立てるというレガシーな方法です。実はNFSのマネージドサービスのAzure Netapp Filesというのがあるので、次はそれをご紹介します。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*