Treasure Data – JDBC Driver

こんにちは、SSTDの大村です。今日はこちらのページのJDCB Driverのサンプルを実行してみた様子を紹介します。

ダウンロード

まずはJDBC Driverをダウンロードします。

JDBC Driver Download(2013/04/12 v0.2.2)

今回はダウンロードしたファイルを「C:\td\」の下に置きます。

treasure-data.propertiesの準備

notepad.exeなどでファイルを作成し、下記の2行をC:\td\treasure-data.propertiesに保存します。

td.logger.agentmode=false
td.api.key={td apikey:showで取得できるキー}

JDBCSample.javaの準備

本家のJDBCSample.javaをnotepad.exeなどでC:\td\JDBCSample.javaに保存します。26行目はご自身のメールアドレス、27行目はご自身のパスワードを入力してください。

CLASSPATH設定、コンパイル、実行

コマンドプロンプトを開いてCLASSPATHにダウンロードしたjarを設定します。事前にjavac,javaコマンドが実行できるよう設定しておきます。

WS0383

 

実行すると一番下にwww_accessのレコード数が表示されます。

INSERTの実行

次にINSERTも実行してみましょう。わかりやすいようにINSERT確認用のテーブルをTreasure Dataに作成します。

WS0380

次に先ほどのJDBCSample.javaの29行目を下記のように修正します。また、32行目~34行目のwhile句をコメントアウトし、コンパイル、実行します。

String sql = “INSERT INTO insert_test (id,name)value(1,’test’)”;

WS0381

最後に確認してみましょう。insert_testテーブルにレコードが追加されていることが確認できました。

WS0382

このようにJDCB DriverでTreasure Dataを一般的な RDBのように扱うことによりさらに利用の幅が広がります。今回はサンプルの実行でしたが、次回からも暑さに負けない熱い記事を投稿していきますのでご期待ください!

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*