【新機能】Treasure Dataの別アカウントへのデータの書き出し

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
VSCode Dev Containersで楽々開発環境構築祭り〜Python/Reactなどなど〜
Visual Studio Codeの拡張機能であるDev Containersを使ってReactとかPythonとかSpring Bootとかの開発環境をラクチンで構築する方法を紹介するイベントです。
https://tech-lab.connpass.com/event/311864/
こんにちは、SSTDの大村です。Treasure Data社のWebページがいつの間にか変わっていたことにお気づきでしょうか?日本語版もできてます。何カ国語で表示されるようになるのか今後が楽しみですね。
 

TT1

 
ところでTreasure Data社のページにRelease Notesのページがあることはご存知でしょうか?Treasure Dataに新機能が追加されたら、こちらに報告されます。どんどん新しい機能が追加されるので目が離せませんね。
それでは最近報告された新機能を試してみます。別アカウントへのデータの書き出しです。 いままでも同じアカウント内で別のテーブルへの書き出しはできていました。別のアカウントへの書き出しにより、マスターとして利用しているテーブルや結果だけ別のグループで利用したい場合などに便利ですね。
早速、SIOSのWEBページの5月分のログを別アカウントのtestdbのoutput_tableに出力してみます。

$ td query \
     --result 'td://XXXXXXXXXXXXXXXXX@/testdb/output_table' \
     -w -d sios_web \
     "select * from www_access where TD_TIME_RANGE(time, '2014-05-01 PDT')"

XXXXXXXXXXXXXXXXXはAPI KEY
しばらく待っているとできました!
TT2

 

この機能を利用すれば、Treasure Dataを利用する企業間でのデータの受け渡しが容易になり、分析用のデータの販売なども容易にできるようになりますね。これからも機能追加がどんどん行われると思いますので、定期的にRelease Notesをチェックしてみてください。もちろん、このブログでも取り上げていきます。

アバター画像
About Kai 35 Articles
マーケティング業務を担当。セミナー、勉強会の企画運営、情報発信を行う。API事業を中心に、リード獲得、ナーチャリングに注力。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる