Treasure Dataにデータをインポートするプログラム(Rails編)

★★★ Live配信告知 ★★★

Azureでクラウドネイティブな開発をするための方法について、世界一わかりみ深く説明致します!!複数回シリーズでお届けしている第8回目は、「次世代サーバーレスアーキテクチャDurable Functions」と題しまして、サーバーレスアーキテクチャのさらに次を行くAzureのサービス「Durable Functions」を扱います!!
【2021/11/26(金) 12:00〜13:00】

今回はこちらを参考にRailsアプリケーションからTreasure Dataへデータをインポートするプログラムを作成してみましょう。内容は5月に紹介しましたTreasure Dataのデータを利用するプログラム(Ruby編)の復習にもなりますのでぜひチャレンジしてみてください。

環境

CentOS release 6.4 (Final)

事前準備

Railsアプリケーションを新規作成

起動確認

ブラウザでhttps://localhost:3000/にアクセスして、下記のような画面が出たら成功です。確認したら、Ctrl+Cでいったん終了させてください。

A

Treasure Dataの設定

APIキーの取得

/etc/td-agent/td-agent.confを修正

td-agentを再起動し、tdの設定をRailsアプリケーションに設定し、scaffoldでコードを自動生成する。

app/controllers/people_controller.rb にログ送信部分の書き込み(赤字の部分を追加してください。)

実行

以下の手順で確認します。

  1. https://localhost:3000/peopleにアクセスする
  2. New Personをクリック
  3. Nameに何か入力して、Create Personをクリック
  4. 1分ほど待つ
  5. 端末で確認

B

C

D

E

F

Ruby,Java,JDBC,RailsとTreasure Dataへのデータ送信方法を紹介してきましたが、これからもさまざまな言語やアプリケーションからのデータ送信方法を紹介していきますのでお楽しみに。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*