Treasure Dataを使ってみよう! その1

こんにちは、SSTDの大村です。

TreasureDataというものの存在はわかったら、まずは使ってみたい!と思うのが人情ってものです。その場合はどうしたらいいのでしょう?
電話?メール?契約?入金?
ノンノンです。
まずはTreasureDataにアカウントを作成し、無料版のTreasureDataを使ってみてください!

Treasure Dataにアカウントの作成

まずはTreasure Dataのサイトにアクセスします。http://www.treasure-data.com/

step1

上の画面のSign UPアカウント作成のどちらかのボタンをクリックします。

step2

100MBのストレージを無料で使える!と書いてあります。早速、アカウントを作りましょう。Nameはなんでもいいので、あとはメールアドレスとパスワードを入力します。パスワードはいつでも変更できるので覚えやすいものがいいですね。すべて入力したらGet Started Nowをクリックしましょう!

step3

これで登録完了です。トレジャーデータ社からWelcome to Treasure Data!というタイトルのメールが来るので、そこに添付されているURLをクリックしてください。下のようなチュートリアル画面にログインすることができるようになります。

Treasure Data Toolbeltのインストール

step4

まずはTreasureDataを利用するためのアプリケーションを自分の環境にインストール必要があります。今回はWindowsのマークをクリックします。EXEの保存を促されますので保存します。保存したEXEを起動したら、Next→Next→Next→Next→Installでインストールを行うことができました。簡単ですね。

step5

WS0122

WS0123

WS0124

WS0125

WS0126

WS0127

WS0128

 

動作確認

Treasure Data Toolbeltのインストールが終了したら、コマンドプロンプトを立ち上げます。

>td

tdと入力したら、Enterして、下の画面のようにtdコマンドの説明が表示されたらインストール成功です!!

step10

無事tdコマンドが実行できたら、早速チュートリアルに沿ってサンプルデータをインポートしてみましょう。

長くなってきたので、続きはTreasure Dataを使ってみよう! その2に書きますね。

 

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*