知っておくとちょっと便利!コマンド5選 ~ショートカットキー編~

★★★ イベント情報 ★★★
◇【参加登録受付中】Kong Summit, Japan 2022◇
今年は12月15日に開催決定!最新情報とデモとともにKongと事例/ユースケースのご紹介などAPIエコノミーやマイクロサービスに関心のある開発者の方にとっては必見です。ぜひお申し込みください!イベントの詳細・お申込はこちら

★★★ Live配信告知 ★★★
◇11月29日開催 19:00~ 世界一わかりみの深いクラウドネイティブon Azure◇
テーマは「Web App for ContainersとKeycloakで最速OpenID Connect」です!

◇11月30日開催 17:00〜 知ってると ちょっと便利なコマンド集◇
知っていると少し効率の上がるようなコマンドをいくつかご紹介します!

Linux のコマンドライン操作において、ショートカットキーを知っていると何かと便利ですよね。今回、筆者が日頃からよく使用しているものをピックアップしてみましたので、ご紹介します!

  1. コマンドやファイル名の補完機能
    “任意の文字列 + [Tab]” を押すと、該当するファイル名やコマンドを補完してくれます。 ファイル名やコマンドの文字列が長い場合は特に必須の機能です。
    ここで[Tab]を押すと…
    該当するファイル名やコマンドを補完してくれます!

  2. コマンド実行履歴の表示
    “↑” や “↓” を押すと、前後に実行したコマンドが表示されます。 そのコマンドを表示した状態で [Enter] を押すと、当該のコマンドを再実行できます。 

  3. [Ctl] + [L]
    “[Ctl] + [L]” を押すと、コンソール上の情報がクリアされます。 (画面上の表示がクリアされるだけで、今まで実行していた処理は削除されません) コンソール上にたくさんの情報が混在し、作業がしにくくなった場合などに実行します。

  4. [Ctl] + [A]
    “[Ctl] + [A]” を押すと、カーソルが行頭へ移動します。 途中まで入力したけど、内容を間違えていた、という場合などに便利です。

  5. [Ctl] + [E]
    “[Ctl] + [E]” を押すと、カーソルが行末へ移動します。 コマンドの途中の内容を変更した後、再度行末へ移動したい場合などに便利です。

 

今後も知っていると便利なショートカットキーについてご紹介していきます!





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる