オープンソースのローコード開発アプリケーション

世界的に注目を浴びているソフトウェア市場の1つが、ローコード/ノーコード市場です。

ローコード/ノーコードとは、ソースコードを書かずに、あるいは、できる限りソースコードを書かずに、ソフトウェア開発を行う方法やソフトウェアのことを指します。

ミック経済研究所によれば、ローコード開発基盤のソフトウェアライセンスとSI(システム構築)サービスを合わせた市場は、2018年度の実績が2143億円で、2019年度の見込みが2458.7億円、対前年比114.7%と堅調に成長しているとレポートしています。

また、別の調査会社であるIDC Japanは、今後の国内アプリケーションPaaS市場の成長要因として、ローコード/ノーコード開発機能を持つプロットフォームの需要が高まるとしています。

さまざまなローコード/ノーコードがありますが、いくつかオープンソースのローコードソフトウェアを紹介します。

Open Lowcode

https://openlowcode.com/

Open Lowcodeは、Airbus導入実績もあるオープンソースです。フランスの企業が中心になって開発しているようです。

 

プリザンター

https://pleasanter.org/

株式会社インプリムが開発しているオープンソースのローコードソフトウェアが、プリザンターです。

Open Lowcodeは、すべて英語のドキュメントであるため、少しハードルが高い人もいるかもしれませんが、プリザンターは、日本語での情報も豊富です。

 

今後のアプリケーション開発に大きな影響を与えると予想されるローコード/ノーコード、皆さんも触れてみてはいかがでしょうか?





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*