Twitter APIで遊んでみた ~2. ツイートの投稿と取得~

★★★ 緊急告知 ★★★

Visual Studio Code,Docker,WSLを使ってWindows開発環境を改善するためのオンラインセミナーやります!Web+DB Press vol.117に寄稿した内容がベースで,イマドキのナウい開発環境を体感出来ます。

【2021/1/29(金) 19:00〜】WSL2、Visual Studio Code、DockerでグッとよくなるWindows開発環境
https://tech-lab.connpass.com/event/201242/

こんにちは。新卒の草茅(くさがや)です。

今回は、前回(1. 各種キーの申請と取得)申請し、取得した各種キーを使用し、ツイートの投稿と取得をします。

使用するライブラリはtweepyです。tweepyとは、Twitter APIを使用した投稿、取得、いいね、リツイートなどの各操作を簡単に行うことができるライブラリです。

以下にpythonとtweepyのバージョンを示します。

python 3.78
tweepy 3.90

 

ライブラリのインストール

WindowsであればPowerShellもしくはコマンドプロンプトで、Macであればターミナルで以下のコマンドを実行してください。

$ pip install teepy

これで最新版のtweepyがインストールできました。

8/18現在ではtweepy 3.9.0がインストールされました。

 

ツイートの投稿

デバッグすると以下の通り、ツイートの投稿出来ました!

 

# 取得した各種キーを格納-----------------------------------------------------

#-------------------------------------------------------------------------

↑この部分はtwitterアカウント(各種キーを取得したアカウント)にログインするといったイメージなので、Twitter APIを使用する際にはコピペでいいと思います。

api.update_status("tweetを投稿")

ここでツイートの投稿を行います。

 

ツイートの取得

デバッグすると以下の通り、ツイートの取得が出来ました!

(実行結果の一部抜粋です。)

 

tweets = api.user_timeline(Account, count=200, page=1)

ここで、取得するユーザー、1ページあたりに取得するツイート数、ページを指定します。

ユーザーを指定しない場合、自分自身のツイートを取得します。

1ページあたりに取得するツイート数は0~200の範囲です。

また取得できるツイートの最大件数は3200です。

 

まとめ

これでツイートの投稿と取得ができました。

このほかにも、フォローやいいね、リツイートなど様々なことを行うことができます!

tweepyのドキュメントを参照し、様々なことをしてみると面白いかもしれません!

 

今回ソースコードを公開していますが、各種キーは他人には知られてはいけないものなので、ソースコードを公開するときは気を付けましょう。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*