Microsoft Ignite 2019レポート 〜 【事前準備】出発からRegistrationまで 〜

サイオステクノロジー技術部 武井です。今、私は、マイクロソフトが実施しているテクニカルカンファレンス「Ignite」に参加するためにフロリダのオーランドということろに来ております。Igniteは、ソフトウェア開発、インフラ、セキュリティ等に関するセッション満載のイベントです。5日間朝から晩までぶっ続けで最新技術情報のシャワーを浴びることができます。

さて、Igniteが始まるのは、11/4(Pre-day workshopsは11/3)からですので、まだ現時点では始まってないのですが、Igniteは事前にRegistrationを行うのが一般的です。というか絶対に事前にRegistrationは済ましておきましょう。当日は多分相当混みます。今回は、その事前Registrationまでの道のりを書きたいと思います。

まず出発から。Igniteの行われる会場はいつもフロリダ州のオーランドにあるオレンジ・カウンティ・コンベンションセンターという大規模なカンファレンスセンターで行われます。

オーランドに行くためには、オーランド国際空港というところで降りないといけないとのですが、直行便がなく乗り継ぎが必要な上に遠いので、移動がちょっと大変です。今回は、羽田空港からシカゴのオヘア国際空港経由でオーランド国際空港に行きました。

羽田から出発しました。10:25発シカゴ行きでした。

IMG_1474-1

 

機内食その1です。タンドリーチキン風サフランライス添えです。牛すき焼き丼との二択でしたがこちらにしました。この後ハーゲンダッツのアイスもデザートで出てきました。

IMG_1479

 

こちら朝食です。パンケーキ&ポーチドエッグです。まるでホテルの朝ごはんのような豪華さですね。紅鮭の彩りご飯との2択でしたが、こちらにしました。

IMG_1481

 

絵葉書をもらいました。

IMG_1486

 

シカゴ・オヘア国際空港で乗り継ぎです。ここまで約10時間のフライトでした。乗り継ぎはめんどくさいですが、手順を書いたシートがあるのでそれに従えば簡単です。

IMG_1493

 

ほげ10:03発オーランド行きに乗ります。

IMG_1492

 

着きました。IgniteのRegistrationは会場(オレンジカウンティコンベンションセンター)、その周辺のホテルでも実施していますが、オーランド国際空港でやってしまうのが一番手っ取り早いです。

Terminal & Bag Claimに進みます。

IMG_1500

 

ターミナルまでの移動はモノレールで行います。モノレールに乗ります。

IMG_1502

 

モノレールからの景色。きれいですね。

IMG_1508

 

モノレールを降りるとターミナル(3F)に到着です。そこからBag Claim(機内に預けた荷物を受け取ることろ)(2F)に行くために、エスカレーターで2Fにおります。するとエスカレーターでおりたところにマイクロソフトの方がプレートを持って待っていました。その方に聞いてみたら、「Registrationはあちらですよ」と教えられたのが、以下のカウンターです。でも、かなりデカイので、Bag Claimのところをぐるぐる回っていれば見つかると思います。

IMG_1510

 

カウンターでは、マイクロソフトからIgnite参加費用入金完了後にメールで送られてきたバーコード(Registration ID)と写真付き身分証明書(Photo ID)を求められます。写真付き身分証明書はパスポートでOKです。

手続きはものの数分程度で終わり、以下のカードをもらうことができます。このカードはセッションが行われる全ての会場への入室の際にチェックされますので、大事に保管します。id

 

後はホテルへの移動です。移動手段はUber(タクシー配車アプリ)ですが、オーランド国際空港では行き先を指定すると、以下のように「Bag ClaimXXにお迎えにあがります」と出ます。この場合は、2階Bag ClaimのXX版のターンテーブル付近からの出口から外に出たところで待っていて下さいという意味です。

uber

 

外に出るとこんな感じでみんなタクシーを待ってました。Uberアプリに表示されたBag Claimのターンテーブルの番号と、そこから外に出たところのタクシー乗り場にある電光掲示板の番号は一致しているようで、ここにタクシーが来ます。IMG_1512

 

ということでIgniteの事前準備でした。Ignite開始当日のRegistrationは絶対混みますので、そんなことしていたらKeyNoteを見逃してしまいます。なので、絶対に事前にRegistrationは済ましておきましょう。

 

 

>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*