ZabbixからAzureリソースを監視してみた-LoadBalancer編

こんにちは。技術部の髙岡です。

前回のブログで、Azure内のLinuxサーバをZabbixから監視する方法を検証してみましたが、LinuxサーバであればZabbixエージェントをインストールすることができるので、わざわざスクリプトを作り込まなくても、CPU使用率等のリソース情報を取得して監視することが可能です。あまり、有り難みのない事例だったと思います。

ZabbixエージェントをインストールできないPaasやSaasのようなクラウドサービスを監視するのであれば、有り難みのある事例となるのではないかと思いました。
そこで、今回は、ZabbixエージェントをインストールできないAzure Load BalancerのリソースをZabbixから監視する事例を紹介します。
方式は前回のLinuxサーバの監視と同様で、Azure Monitorから監視メトリックの情報を取得するライブラリを使ったPythonスクリプトを実行して、Zabbixの外部チェック機能で取り込んで監視します。

やりたいことlb2

Azure Load Balancerの任意の監視項目をAzure Monitorから取得するスクリプトを実行します。
例として、ByteCount(送信バイト数)を取得してZabbixで監視してみます。

設定方法

前回のブログで記載した方法と同じ要領です。

Azure Load Balancerの送信バイト数を取得するPythonスクリプトの作成

このスクリプトを実行した結果です。

スクリプト実行で取得した送信バイト数をZabbixで監視する設定

前回のブログと同様に、Zabbixの外部チェック機能を活用します。
スクリプトを実行するホストがZabbixサーバ自身なのでIPアドレスとして「127.0.0.1」を指定しますが、
Zabbixが識別するホスト名としてはAzure上のリソースであることがわかるような名前「azure-lb-01」を指定します。

ホストの登録
ホストの設定lb

監視アイテムの登録
アイテムの設定lb

AzureとZabbixでの監視結果の比較

Azure Monitorでの表示
Azureのグラフlb

Zabbixでの表示
zabbixのグラフlb

>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

コメント投稿

メールアドレスは表示されません。


*