【Azure更新情報】Azure Storage で静的 Web サイトの一般提供を開始

★★★ お知らせ ★★★

◆ エンジニア業務環境アンケート結果 ◆
エンジニアが自分の働き方にどういったことで満足していて、不満を感じているのか、働きたい会社像として何を求めているのか、業務環境調査を実施しました。ぜひご覧ください。
アンケート結果はこちらから

こんにちは、サイオステクノロジー技術部 武井です。

今後、定期的にAzureのアップデート情報をお届けしようと思っております。
※本記事の英語版はこちら(Click here to read in English)

これよいです。GAしたみたいです。

https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj/2018/12/18/static-websites-on-azure-storage-now-generally-available/

Azure FunctionsなどのServerless ComputingでAPIを開発するのはいいけど、クライアント(AngularやVue.jsなど)の置き場所に困ってました。そのためだけにWebAppやVirtual Machineを立てるのもあれですし。しかも追加料金なしらしいです。

Azure Storage で静的 Web サイトの活用例として、マイクロソフトが提供するドキュメント「クラウドデザインパターン」の中に「静的コンテンツホスティングパターン」があり、それがとても参考になります。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/patterns/static-content-hosting





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる