AppSheet 使ってみた

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
VSCode Dev Containersで楽々開発環境構築祭り〜Python/Reactなどなど〜
Visual Studio Codeの拡張機能であるDev Containersを使ってReactとかPythonとかSpring Bootとかの開発環境をラクチンで構築する方法を紹介するイベントです。
https://tech-lab.connpass.com/event/311864/

AppSheet 知ってますか ? Google が数年前に買収したノーコードツールです。
2023年8月から Workspace のプランにデフォルトで含まれるようになったようです:
https://workspace.google.com/blog/ja/product-announcements/giving-more-customers-access-appsheet

最近、たまたま AppSheet を試す機会があったので、その感想などをシェアします。

AppSheet とは

https://cloud.google.com/appsheet?hl=ja

↑ 公式の説明をザッと眺めていただいた上で、
私の見立てとしては、文字どおり 「 Sheet を App にするやつ 」 です。

Google Sheets で管理している情報があるとして、
その Sheet を選んでポチッとするだけで、標準的な CRUD を備えたアプリができてしまいます。
そのアプリはモバイル 1st. で、どこでも情報を参照/更新できるようになります。
必要であれば、さらにカスタマイズや拡張もできます。

Sheet 側に副作用も無いので、気軽に試せます。できたアプリが気に食わなければ、放っておけば良い。

アプリ (応用) のバラエティについては、公式のテンプレート集が参考になるでしょう:
https://www.appsheet.com/Templates

簡単に言うと、これだけです。あとは触ってみるのが、一番分かりやすいと思います。

以下、参考まで、私の事例について、サラッと触れておきます。

私の事例

とある社内プロジェクトで、以下のような運用が始まろうとしていました:

  • Google Forms で情報を収集する
  • 収集した情報が Google Sheets に記録される
  • ヒトが、その情報を編集して、 Google Sites でコンテンツとして公開する

これに対して、私は、

  • 1 : Sheet の情報を管理しやすくする
    • → AppSheet でアプリを実装
    • = 情報の主たちには、このアプリを使ってもらう
  • 2 : Sheet の情報をウェブページとして公開する
    • → Apps Script で動的ウェブページを実装
    • = 編集された情報を、リアルタイムに、読者たちへお届け

という手段を実現し、プロジェクトチームへ提案しました。

端的に言えば、

「Google Workspace エコシステムにおける簡易 CMS を実現した」

と言えるかもしれません。

実際の流れとしては、
ひとまず 2 を楽に実現する方法を検討し始めて、その途中で AppSheet の存在を思い出して、
いきおい 1 を作り込んでみたが、やはり参照用ウェブページは別途必要だな、と感じて、
結局、2 を Apps Script で作った、という感じです。

改めて考えれば、この 1 & 2 の構成は、
Google Sites 製のサイトの一部を CMS のように運用したい場合、
かなり汎用的に使えるのではないかと思います。

各論 (参考まで)

Sites への埋め込み

私の事例では、 Apps Script で実装したウェブページを、Sites 製のサイトに埋め込んで表示しています。

埋め込まずに、直接サーブしても良いと思います。

画像

私の事例では、画像コンテンツを取り扱っていません。

AppSheet で投稿された画像コンテンツを、Apps Script (などの外部システム) で参照する方法については、
小一時間アタマを捻ってみましたが、諦めました。

良いアイディアをお持ちの方、教えてください。

権限レベル

AppSheet のユーザーの権限レベルは、以下のようになっています:

  • アプリ開発者
    • アプリ定義を編集できる
    • アプリ定義を閲覧できる
  • アプリ利用者
    • Admin
    • User

「アプリ定義」を共有することで、アプリを協同管理できます。

アプリ上の任意の View(見えるもの) , Actoin(できること) を Admin に限定することで、
管理者専用の機能を実装できます。

公開 / 非公開

コンテンツに公開フラグを持たせることで、
非公開のコンテンツが User に表示されない (Admin にしか表示されない) ようにしました。

元の Sheet にフラグ用の列を追加することで実現できます。

★ をつける (関連テーブル)

コンテンツに、★ (スター) をつけられるようにしました。

コンテンツの Sheet とは別に、

 「いつ」「誰が」「何に」(★ をつけた)

を記録する Sheet を AppSheet へ追加すると、 ★ に対する CRUD が自動生成されるので、
あとは ★ の作成や削除のトリガーを View に配置するだけです。

当然、

  • 自分が ★ したコンテンツをみる
  • コンテンツを ★ が多い順に並べる (ユーザー全体で)

なども実装できます (しました) 。

Push 通知

AppSheet の (ガワ・ネイティブ) アプリをスマホに入れておけば、Push 通知も受けられます。
もちろん、通知イベント / 通知先 / 通知内容 を設定できます。
( コンテンツが更新されたら、そのコンテンツを ★ してるユーザーへ通知 など )

まとめ

もし Sheet で管理している情報があれば、ためしに AppSheet 化してみては、いかがでしょうか ?

アバター画像
About baba 8 Articles
emacs で javascript と css を書いていれば幸せなオジサン: github.com/tonextone , facebook.com/foofoobarbar
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる