Helm入門 バージョン管理機能

★★★ イベント情報 ★★★
◇【参加登録受付中】Kong Summit, Japan 2022◇
今年は12月15日に開催決定!最新情報とデモとともにKongと事例/ユースケースのご紹介などAPIエコノミーやマイクロサービスに関心のある開発者の方にとっては必見です。ぜひお申し込みください!イベントの詳細・お申込はこちら

★★★ Live配信告知 ★★★
◇11月29日開催 19:00~ 世界一わかりみの深いクラウドネイティブon Azure◇
テーマは「Web App for ContainersとKeycloakで最速OpenID Connect」です!

◇11月30日開催 17:00〜 知ってると ちょっと便利なコマンド集◇
知っていると少し効率の上がるようなコマンドをいくつかご紹介します!

こんにちは、サイオステクノロジーの角川です。
前回はHelmを利用する上で用語として登場するChartとReleaseについてご紹介し、
インストール済みのReleaseの設定パラメータを変更してパラメータが変更されていることを確認しました。
今回はHelmのバージョン管理機能についてご紹介します。

 

Helmのバージョン管理機能

Helmは変更がおこなわれる毎にバージョンを管理しており、その変更毎にRevision番号というものが1つずつ繰り上がる形で付与されます。

前回はインストール済みのReleaseの設定パラメータを変更しましたが、今回ご紹介するバージョン管理機能を利用することでHelmのコマンド操作でバージョン一覧を確認したり、設定変更前へ戻す(Rollback)ことが可能です。

また、バージョン毎に変更した設定パラメータの内容を確認することも可能です。

 

前回のおさらい

以下コマンドでwordpressBlogNameの設定パラメータを設定パラメータの値をUser's Blog!からMyBlogへ変更しました。

$ helm upgrade wordpress-sample bitnami/wordpress --set wordpressBlogName=MyBlog

 

変更した設定パラメータは以下のコマンドで確認することが出来ます。

$ helm get values wordpress-sample --all

表示結果例

wordpressBlogName: MyBlog

 

 

バージョン一覧の確認

以下コマンドでバージョン一覧が確認出来ます。

$ helm history wordpress-sample

表示結果例

REVISION UPDATED STATUS CHART APP VERSION DESCRIPTION
1 Tue Oct 4 12:00:00 2022 superseded wordpress-15.2.5 6.0.2 Install complete
2 Tue Oct 4 12:15:00 2022 deployed wordpress-15.2.5 6.0.2 Upgrade complete

STATUSがdeployedとなっているのが現在適用中のRevisionになります。

現在適用中のRevisionがRevision番号2であることが分かります。

 

Revision毎の設定パラメータの確認

前回の記事でご紹介したhelm get valuesコマンドにrevisionオプションを加えることで、

Revision毎の設定パラメータを確認することが出来ます。

Revision番号1の確認

$ helm get values wordpress-sample --revision 1

表示結果例

USER-SUPPLIED VALUES:
null

Revision番号1はまだChartをインストールしただけなので設定パラメータを変更していないためこのような表示になります。

Revision番号2の確認

$ helm get values wordpress-sample --revision 2

表示結果例

USER-SUPPLIED VALUES:
wordpressBlogName: MyBlog

Revision番号2ではwordpressBlogNameの値をUser's Blog!からMyBlogへ変更をおこなった際のRevisionのため上記のように変更の該当パラメータが表示されています。

 

Rollbackを実行

では、Rollbackの機能を利用して一つ前のRevision番号1に戻してみます。

Rollbackは以下のコマンドで実行します。

$ helm rollback wordpress-sample 1

上記コマンドの1はオプションでRevision番号を指定しています。

表示結果例

Rollback was a success! Happy Helming!

 

Rollbackの確認

再度helm historyコマンドから履歴を確認してみます。

$ helm history wordpress-sample

表示結果例

REVISION UPDATED STATUS CHART APP VERSION DESCRIPTION
1 Tue Oct 4 12:00:00 2022 superseded wordpress-15.2.5 6.0.2 Install complete
2 Tue Oct 4 12:15:00 2022 superseded wordpress-15.2.5 6.0.2 Upgrade complete
3 Tue Oct 4 12:30:00 2022 deployed wordpress-15.2.5 6.0.2 Rollback to 1

Revisionが3に増えていることが分かります。
また、DESCRIPTION欄からRollback to 1と1からRollbackされたことが分かります。

 

現在のReleaseの設定パラメータを確認

以下コマンドで現在のReleaseの設定パラメータを確認してみます。

Revision番号1へRollbackしたため、デフォルトのUser's Blog!へ戻っているはずです。

$ helm get values wordpress-sample --all

表示結果例

wordpressBlogName: User's Blog!

無事デフォルトの設定パラメータへ戻っていることが確認出来ました。

 

最後に

今回はHelmのバージョン管理の機能についてご紹介しました。

この機能を利用することで変更前に戻すことや変更したパラメータの確認が容易に出来ることがお分かりいただけたと思います。

次回以降もHelmのコマンドの使い方などを引き続きご紹介出来ればと思います。

 





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる