RHEL 9 をインストールしてみよう

★★★ イベント情報 ★★★
◇【参加登録受付中】Kong Summit, Japan 2022◇
今年は12月15日に開催決定!最新情報とデモとともにKongと事例/ユースケースのご紹介などAPIエコノミーやマイクロサービスに関心のある開発者の方にとっては必見です。ぜひお申し込みください!イベントの詳細・お申込はこちら

★★★ Live配信告知 ★★★
◇11月29日開催 19:00~ 世界一わかりみの深いクラウドネイティブon Azure◇
テーマは「Web App for ContainersとKeycloakで最速OpenID Connect」です!

◇11月30日開催 17:00〜 知ってると ちょっと便利なコマンド集◇
知っていると少し効率の上がるようなコマンドをいくつかご紹介します!

こんにちは。サイオステクノロジーの橋本です。

RHEL 9 が 2022/5/18 にリリースされました。
最近はコンテナやパブリッククラウドでのイメージデプロイが主流であり、
OS を 0 からインストールする機会がめっきり減ったような気がします。

今日は久しぶりに OS を 0 からインストールしてみましょう。
ちなみにオンプレ環境ではなく vmware 基盤にインストールします。

インストールの実施

インストーラからサーバを起動させると以下の画面が表示されました。

最初何も考えず、最初スペック (メモリ 300MB) でインストールを行なったらさすがに怒られました。

メモリを 4GB に増設してリトライします。

無事にインストーラが進み言語を選択します。
ここは普通に「日本語」を選択します。

「!」が出ていたのでインストール先を確認してみます。

地域設定→時刻と日付 から東京を選択します。

!がなくなったのでインストールを開始します。

諸々のパッケージインストールが始まりました。

あっさり 30 分程度でインストールが完了しました。
言われるがまま再起動を行います。

再起動後、再接続すると RHEL 9 が暖かく迎えてくれました。

位置情報を有効化するか否か確認が求められました。
検証機なので気にせずそのままでいきます。
RHEL で必要だから位置情報を on にしている人ってどれくらいいるんでしょう…

ずいぶん windows ライクな確認がありますね。
検証機なのでスキップします。

パスワードを一応設定します。

いよいよ設定の完了です。

これで インストール完了です。

イメージのデプロイ程あっさりではないですが 、かなりあっさり RHEL 7や RHEL 8 系のインストールと違和感なく実施することができました。 コンテナやパブリッククラウドが主流ではありますが、RHEL9をインストールしようとしている人のお役に立てればと思います。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる