C# で Slack にメッセージを送信する方法

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
◆ 次回のライブ配信について ◆

●イーサリアムテストネットを使用し、オリジナルのNFTを発行するために必要な技術スタックをハンズオン形式でご紹介します。

⇒ 2/26(月)17:00〜 オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン!
https://tech-lab.connpass.com/event/309985/

●マイクロソフトが提供するRAGアーキテクチャの詳解とデモを行うイベントを開催します。以下のリンクからご参加ください。

⇒ 2/27(火)19:00〜 RAG構築のためのAzure OpenAI Serviceリファレンスアーキテクチャ詳解
https://tech-lab.connpass.com/event/307678/

こんにちは。サイオステクノロジーの木村です。
今回は、Slack API を使用して、C# にて Slack にメッセージを送信する方法をご紹介します。

Slackの設定(Incoming Webhook)

Slack APIには、外部からSlackに送信するための仕組みである Incoming Webhook があります。
以下の手順でアプリを作成し、 Incoming Webhook の設定を行います。

1. Slack API にアクセスし、「Create an app」をクリックします。

2. 「From scrach」をクリックします。

3. 「App Name」に任意のアプリ名を入力します。「Pick a workspace to develop your app in:」にてメッセージを送信したいworkspace名を選択し、「Create App」をクリックします。

4. 左側のメニューより「Incoming Webhooks」をクリックします。

5. Active Incoming Webhooksを「On」にします。

6. 下部にスクロールし、「Add New Webhook to Workspace」をクリックします。

7. 送信先のチャンネルを選択し「許可する」をクリックします。

8. Webhook URL の「Copy」をクリックし、コピーしたURLをメモしておきます。

Slackのへメッセージ送信

Slack へメッセージを送信するには、json形式で送信内容を作成し、先ほどメモした Webhook URL に POST送信するだけです。
コンソールアプリケーションを作成し、以下のように実装します。


using System;
using System.Text;
using System.Text.Json;
using System.Text.Json.Serialization;
using System.Net.Http;

namespace ConsoleApp1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            // Webhook URL
            var webhookUrl = "<先ほどメモしたWebhook URL>";

            var payload = new Payload { Text = "こんにちは。" };
            var json = JsonSerializer.Serialize(payload);

            var client = new HttpClient();
            var content = new StringContent(json, Encoding.UTF8, "application/json");
            var result = client.PostAsync(webhookUrl, content).Result;
            Console.WriteLine(result);
        }
    }

    public class Payload
    {
        [JsonPropertyName("text")] public string Text { get; set; }
    }
}

実行すると、送信先に指定したチャンネルにメッセージが送信されます。

Slack API – Block Kit

Slack API には、Block Kit というメッセージUIフレームワークがあり、Block Kit の形式に則ったjsonを構築して送信することで、よりリッチな表現のメッセージを送信することができます。
また、Block Kit Builderという、ブラウザにて Block Kit の表示を確認できるツールも用意されています。
以下は Block Kit Builder の画面です。
左ペインのボタンをクリックすると、クリックした項目に対応するブロックのjsonを作成して表示してくれます。
また、上部の「Send to Slack」をクリックすると、Block Kit Builder 上で表示した内容を、Slack に送信することもできます。

例えば、以下は Block Kit の Section、Driver、Context を使用して作成したメッセージです。

このメッセージを送信するには、以下のように実装します。


using System;
using System.Text;
using System.Text.Json;
using System.Text.Json.Serialization;
using System.Net.Http;
using System.Collections.Generic;

namespace ConsoleApp1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            // Webhook URL
            var webhookUrl = "<先ほどメモしたWebhook URL>";

            List blocks = new List(); // section block blocks.Add(new Section { Type = "section", TypeText = new TypeText{ Type = "mrkdwn", Text = "*サイオステクノロジー技術ブログ* <https://tech-lab.sios.jp/|*SIOS Tech.Lab* :heart:>\nC# に関する記事" } }); // divider blocks.Add(new Divider { Type = "divider" }); // section block with an accessory image blocks.Add(GetSectionA( "*<https://tech-lab.sios.jp/archives/20603|C#でJSONのレスポンスを受け取るRest APIを書く方法>*\nTips\n*Last Update:* July 10, 2020", "https://tech-lab.sios.jp/wp-content/uploads/2020/07/Screen-Shot-2020-07-10-at-0.30.54-326x245.png", "image1")); // divider blocks.Add(new Divider { Type = "divider" }); // section block with an accessory image blocks.Add(GetSectionA( "*<https://tech-lab.sios.jp/archives/20438|C# LDAPSで Active Directory に接続>*\nTips\n*Last Update:* July 1, 2020", "https://tech-lab.sios.jp/wp-content/uploads/2020/07/EFL_jellybeanshana_TP_V-326x245.jpg", "image2")); // divider blocks.Add(new Divider { Type = "divider" }); // section block with an accessory image blocks.Add(GetSectionA( "*<https://tech-lab.sios.jp/archives/15986|C#のCalcellation Token>*\nTips\n*Last Update:* June 10, 2019", "https://tech-lab.sios.jp/wp-content/uploads/2019/06/Screen-Shot-2019-06-10-at-8.16.52.png", "image3")); // divider blocks.Add(new Divider { Type = "divider" }); // context block blocks.Add(new Context { Type = "context", Elements = new List { new TypeText { Type = "mrkdwn", Text = ":pushpin:上記は記事の一部です。他にもたくさん記事がありますので、是非 <https://tech-lab.sios.jp/|*SIOS Tech.Lab*> へアクセスしてください。" } } }); var payload = new Payload { Blocks = blocks }; var json = JsonSerializer.Serialize(payload); var client = new HttpClient(); var content = new StringContent(json, Encoding.UTF8, "application/json"); var result = client.PostAsync(webhookUrl, content).Result; Console.WriteLine(result); } private static SectionA GetSectionA(string text, string imageUrl, string imageName) { var sectionA = new SectionA { Type = "section", TypeText = new TypeText{ Type = "mrkdwn", Text = text}, Accessory = new Accessory { Type = "image", ImageUrl = imageUrl, AltText = imageName} }; return sectionA; } } public class Payload { [JsonPropertyName("blocks")] public List Blocks { get; set; } } public class TypeText { [JsonPropertyName("type")] public string Type { get; set; } [JsonPropertyName("text")] public string Text { get; set; } } public class Section { [JsonPropertyName("type")] public string Type { get; set; } [JsonPropertyName("text")] public TypeText TypeText { get; set; } } public class SectionA { [JsonPropertyName("type")] public string Type { get; set; } [JsonPropertyName("text")] public TypeText TypeText { get; set; } [JsonPropertyName("accessory")] public Accessory Accessory { get; set; } } public class Divider { [JsonPropertyName("type")] public string Type { get; set; } } public class Accessory { [JsonPropertyName("type")] public string Type { get; set; } [JsonPropertyName("image_url")] public string ImageUrl { get; set; } [JsonPropertyName("alt_text")] public string AltText { get; set; } } public class Context { [JsonPropertyName("type")] public string Type { get; set; } [JsonPropertyName("elements")] public List Elements { get; set; } } } 
ちなみに、上記実装により送信されるjsonは以下のようになります。
 
 { "blocks": [ { "type": "section", "text": { "type": "mrkdwn", "text": "*サイオステクノロジー技術ブログ* <https://tech-lab.sios.jp/|*SIOS Tech.Lab* :heart:>\nC# に関する記事" } }, { "type": "divider" }, { "type": "section", "text": { "type": "mrkdwn", "text": "*<https://tech-lab.sios.jp/archives/20603|C#でJSONのレスポンスを受け取るRest APIを書く方法>*\nTips\n*Last Update:* July 10, 2020" }, "accessory": { "type": "image", "image_url": "https://tech-lab.sios.jp/wp-content/uploads/2020/07/Screen-Shot-2020-07-10-at-0.30.54-326x245.png", "alt_text": "image1" } }, { "type": "divider" }, { "type": "section", "text": { "type": "mrkdwn", "text": "*<https://tech-lab.sios.jp/archives/20438|C# LDAPSで Active Directory に接続>*\nTips\n*Last Update:* July 1, 2020" }, "accessory": { "type": "image", "image_url": "https://tech-lab.sios.jp/wp-content/uploads/2020/07/EFL_jellybeanshana_TP_V-326x245.jpg", "alt_text": "image2" } }, { "type": "divider" }, { "type": "section", "text": { "type": "mrkdwn", "text": "*<https://tech-lab.sios.jp/archives/15986|C#のCalcellation Token>*\nTips\n*Last Update:* June 10, 2019" }, "accessory": { "type": "image", "image_url": "https://tech-lab.sios.jp/wp-content/uploads/2019/06/Screen-Shot-2019-06-10-at-8.16.52.png", "alt_text": "image3" } }, { "type": "divider" }, { "type": "context", "elements": [ { "type": "mrkdwn", "text": ":pushpin:上記は記事の一部です。他にもたくさん記事がありますので、是非 <https://tech-lab.sios.jp/|*SIOS Tech.Lab*> へアクセスしてください。" } ] } ] }  

アバター画像
About 木村 29 Articles
Azureなどのクラウドでの稼働を主としたアプリケーション開発を行なっています。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる