PowerShellでAzure Blob Storageを操作する

★★★ Live配信告知 ★★★
◆◇世界一わかりみの深いクラウドネイティブ on Azure◆◇
6/22(金) 12:00~ 第14回:世界一わかりみの深いAzure Bot Service 〜AIによるFAQチャットボット構築〜
今回はAzure Cognitive Service for LanguageというAzureのAIサービスを用いて、FAQチャットボットの構築方法についてわかりみ深く説明します。
◆◇PS Live配信◆◇
5/20(金) 17:00~ アウトプットはイイぞ 〜人生折り返し地点からの情報発信で学びが楽しくなった話〜
2020年にMicrosoft MVP for Azure を受賞した武井が人生を変えたアウトプットについてそのノウハウをお伝えします。

みなさん、こんにちは。サイオステクノロジー武井(@noriyukitakei)です。Microsoft MVP for Microsoft Azureとして、様々な場所で情報発信をしております。よろしくお願いいたします。

ちなみに宣伝となりますが、2022/2/3(木)にマイクロソフトが主催するオンライン技術カンファレンス「Microsoft Developer Night」に登壇し、Azureのサーバーレスアーキテクチャ「Durable Functions」のセッションを行いますので、宜しくお願い致しますm(_ _)m

https://msdevjp.connpass.com/event/233822/

 

さて、話は横道にそれましたが、今回はCentOS8上で、PowerShellでAzure Blob Storageを操作してみたいと思います。

本記事は以下のマイクロソフト公式ドキュメントを参考にしております。

CentOS への PowerShell のインストール

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/scripting/install/install-centos

 

クイック スタート:PowerShell を使用して BLOB をアップロード、ダウンロード、および一覧表示する

https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/blobs/storage-quickstart-blobs-powershell

 

まずはPowerShellをインストールしましょう。

これで終わりです。非常に簡単ですね!!

 

次は、Azure Blob Storageの操作に必要なAZモジュールをインストールします。

ちょっと時間がかかりますが、しばらくまちましょう。

 

Azure Blob Storageへの認証方法は色々とありますが、今回は一番簡単なストレージアカウントキーによる認証を使います。ストレージアカウントにアクセスして、画面左部の「アクセスキー」をクリックして、画面右部に表示される「ストレージアカウント名」、「キー」(key1でもkey2でもどちらでもOK)をメモしておきます。

 

では準備は整いましたので、Blobにファイルをアップロードするスクリプトを作成します。ここでは、「test」というコンテナーにhoge.txtをアップロードします。

 

先程作成したスクリプトを実行します。

 

すると、こんな風にtestというコンテナーにhoge.txtがアップロードされているはずです。

 

いかがでしたでしょうか?とてもお手軽にできるかと思います。是非試してみて頂けたらと思います。





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*