Confluent platformを使ってKafkaを実際に動かしてみる ~起動編~

★★★ Live配信告知 ★★★
◆◇世界一わかりみの深いクラウドネイティブ on Azure◆◇
6/22(金) 12:00~ 第14回:世界一わかりみの深いAzure Bot Service 〜AIによるFAQチャットボット構築〜
今回はAzure Cognitive Service for LanguageというAzureのAIサービスを用いて、FAQチャットボットの構築方法についてわかりみ深く説明します。
◆◇PS Live配信◆◇
5/20(金) 17:00~ アウトプットはイイぞ 〜人生折り返し地点からの情報発信で学びが楽しくなった話〜
2020年にMicrosoft MVP for Azure を受賞した武井が人生を変えたアウトプットについてそのノウハウをお伝えします。

今回はConfuent platformを使用して、Apache kafkaを動かす方法を伝えていきたいと思います!

Confluentとは

Confluentとは、Apache kafkaをより使いやすく、便利にし続けている企業で、Confluent Platformを開発しています。Apache kafkaってそもそもなに!?と思っている方や、Confluentってどんな機能を提供しているの!?という方は以下のリンクがありますよかったらぜひお読みください。

 

Apache Kafkaについてはこちら

Confluentについてはこちら

Confluent Platformとは

Conlfuent Platformとはkafka外部からkafkaを使いやすくするツールをまとめているプラットフォームです。ツール一つ一つの機能(schema registry,ksqlDB,Kafka connect,Rest Proxy)をプラットフォーム上ですべて取り扱うことができ、GUIでの操作を可能とします。

また、Platformには使用用途に応じてライセンスが4種類存在しており以下のようになっています。

  • 開発者向けライセンス
  • トライアルライセンス
  • エンタープライズライセンス
  • コミュニティライセンス

これらはいずれもKafkaを外から支える機能(schema registry,ksqlDB,Kafka connect,Rest Proxy)が使えるようになっていますが、GUIでConfluentが操作できるのは上の三つとなっています。無償でかつ無制限で使えるのは開発者向けライセンスのみのため、今回はこちらで操作していきたいと思います。

以下の表では、GUI操作ができるライセンス三つについての表を示しています。

ライセンス

有償or無償

ブローカー稼働数制限

ライセンス期限

開発者向けライセンス

無償

1台

無制限

トライアルライセンス

無償(30日すぎると有償)

複数

開始してから30日

エンタープライズライセンス

有償

複数

開始してから1年まで

 

 

今回はオンプレ版のものをダウンロード、インストールしていきます。

 

インストール方法

 

1.confluent-7.0.00のzipファイルをダウンロード、解凍します

 

Confluent CLIで扱う「confluent」コマンドを使用できる状態にします
2.コマンドでConfluent platformを使用するための設定を行います

3.以下でコマンドが使えるかどうかを確認します

4.confluentを起動する

 

5.http://localhost:9021/ にアクセスして以下のようなGUIが表示できれば成功しています

今回はConfluentをダウンロードから起動するまでの手順を紹介しました!

次回はこのGUI上での基本操作について触れていきたいと思います

 

 





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*