Confluent platformを使ってKafkaを実際に動かしてみる ~起動編~

◆ Live配信スケジュール ◆
サイオステクノロジーでは、Microsoft MVPの武井による「わかりみの深いシリーズ」など、定期的なLive配信を行っています。
⇒ 詳細スケジュールはこちらから
⇒ 見逃してしまった方はYoutubeチャンネルをご覧ください
【5/21開催】Azure OpenAI ServiceによるRAG実装ガイドを公開しました
生成AIを活用したユースケースで最も一番熱いと言われているRAGの実装ガイドを公開しました。そのガイドの紹介をおこなうイベントです!!
https://tech-lab.connpass.com/event/315703/

【5/27開催】事業変革を最新ソフトウェア技術で加速する「OSS利活用事例セミナー」
OSSのビジネス活用事例などを紹介します!登壇者はスカパー様やIPAなど🎤
OSSを活用した新たなビジネス創出やDX推進のヒントを得られる機会です。
https://ossforum.connpass.com/event/318583/
【6/19開催】Kong Community Japan Meetup #4
本イベントでは、Kong Inc. のVP of ProductであるReza Shafii氏もプレゼンターとして参加。当社からはアーキテクト マネージャーの槌野の登壇が決定!参加無料です!!
https://column.api-ecosystem.sios.jp/connect/kong/1081/

今回はConfuent platformを使用して、Apache kafkaを動かす方法を伝えていきたいと思います!

Confluentとは

Confluentとは、Apache kafkaをより使いやすく、便利にし続けている企業で、Confluent Platformを開発しています。Apache kafkaってそもそもなに!?と思っている方や、Confluentってどんな機能を提供しているの!?という方は以下のリンクがありますよかったらぜひお読みください。

 

Apache Kafkaについてはこちら

Confluentについてはこちら

Confluent Platformとは

Conlfuent Platformとはkafka外部からkafkaを使いやすくするツールをまとめているプラットフォームです。ツール一つ一つの機能(schema registry,ksqlDB,Kafka connect,Rest Proxy)をプラットフォーム上ですべて取り扱うことができ、GUIでの操作を可能とします。

また、Platformには使用用途に応じてライセンスが4種類存在しており以下のようになっています。

  • 開発者向けライセンス
  • トライアルライセンス
  • エンタープライズライセンス
  • コミュニティライセンス

これらはいずれもKafkaを外から支える機能(schema registry,ksqlDB,Kafka connect,Rest Proxy)が使えるようになっていますが、GUIでConfluentが操作できるのは上の三つとなっています。無償でかつ無制限で使えるのは開発者向けライセンスのみのため、今回はこちらで操作していきたいと思います。

以下の表では、GUI操作ができるライセンス三つについての表を示しています。

ライセンス

有償or無償

ブローカー稼働数制限

ライセンス期限

開発者向けライセンス

無償

1台

無制限

トライアルライセンス

無償(30日すぎると有償)

複数

開始してから30日

エンタープライズライセンス

有償

複数

開始してから1年まで

 

 

今回はオンプレ版のものをダウンロード、インストールしていきます。

 

インストール方法

 

1.confluent-7.0.00のzipファイルをダウンロード、解凍します

wget https://packages.confluent.io/archive/7.0/confluent-7.0.0.tar.gz
tar -xvf confluent-7.0.0.tar.gz
ls -al confluent-7.0.0

 

Confluent CLIで扱う「confluent」コマンドを使用できる状態にします
2.コマンドでConfluent platformを使用するための設定を行います

export CONFLUENT_HOME=confluent-7.0.0
export PATH=$PATH:$CONFLUENT_HOME/bin

3.以下でコマンドが使えるかどうかを確認します

confluent --help

4.confluentを起動する

$ confluent local services start
The local commands are intended for a single-node development environment only,
NOT for production usage. https://docs.confluent.io/current/cli/index.html

Using CONFLUENT_CURRENT: /tmp/confluent.284061
Starting ZooKeeper
ZooKeeper is [UP]
Starting Kafka
Kafka is [UP]
Starting Schema Registry
Schema Registry is [UP]
Starting Kafka REST
Kafka REST is [UP]
Starting Connect
Connect is [UP]
Starting ksqlDB Server
ksqlDB Server is [UP]
Starting Control Center
Control Center is [UP]

 

5.http://localhost:9021/ にアクセスして以下のようなGUIが表示できれば成功しています

今回はConfluentをダウンロードから起動するまでの手順を紹介しました!

次回はこのGUI上での基本操作について触れていきたいと思います

 

 

アバター画像
About 南 史弥 8 Articles
2021年に入社したのち、パブリッククラウドのkubernetesサービスなどを中心に業務に取り組んでいます。
ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

1人がこの投稿は役に立ったと言っています。


ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


質問はこちら 閉じる