【WordPress】wp-cliコマンドでアップデートする方法

★★★ Live配信告知 ★★★ぜひお申込みください!
◆◇世界一わかりみの深いクラウドネイティブ on Azure◆◇
8/4(木) 19:00~ 第17回:コンテナをサーバーレスでラクラク実行 〜 Azure Container InstancesとDocker CLIで実現 〜 今回は、コンテナをサーバーレスで実行するテクノロジとDocker CLIとの連携を紹介します。
◆◇PS Live◆◇
8/5(金) 12:00~ 第18回:アウトプットはイイぞ 〜サイオステクノロジーLT大会〜 エンジニア初級者向けから、個人ネタまで、エンジニア脳を体感できるプログラムです。

この記事ではWordPress用のCLIコマンドであるwp-cliのうち、WordPress本体をアップデートする方法についてまとめました。

最新のアップデートがあるか確認

アップデート可能な最新バージョンが存在するか確認するには以下のコマンドを実行します。

wp core check-update

最新版

wp core updateをオプションなしで実行すると最新版にアップデートできます。

wp core update

バージョンを指定

バージョンを指定するには–versionオプションを指定します。

wp core update --version=5.8.2

 

対象バージョンのWordPressコアのzipファイルを指定した場合もバージョン指定ができます。ローカルのファイルでもリモートのファイルでも指定できます。

wp core update https://wordpress.org/wordpress-5.8.2.zip

マイナーバージョン

最新のメジャーアップデートではなく、現バージョンのマイナーアップデートがしたい場合は–minorオプションを指定します。

wp core update --minor

例えばWordPress 5.7.0のインストールされているサーバで、–minorオプションをつけずに実行した場合、執筆時点の最新版5.8.2にアップデートされます。–minorオプションをつけて実行した場合、5.7 ブランチの最新版である5.7.4にアップデートされます。

RC版

RC版にアップデートして動作確認したい場合は、–versionオプションでRC版のバージョンを指定します。

wp core update --version=5.8.2-RC1 

通常のバージョン指定と同じく、zipファイルを指定することでRC版にアップデートすることもできます。

wp core update https://wordpress.org/wordpress-5.8.2-RC1.zip

ベータ版

ベータ版にアップデートして動作確認したい場合は、–versionオプションで[nightly]を指定します。最新のナイトリービルドにアップデートできます。

wp core update --version=nightly

古いバージョン

現行のインストールバージョンよりも古いバージョンにダウングレードしたい場合は、–versionオプションでバージョンを指定し、–forceオプションをつけて実行します。

wp core update --version=5.6.0 --force




ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*