C#でJSONのレスポンスを受け取るRest APIを書く方法

★★★ Live配信告知 ★★★

Azureでクラウドネイティブな開発をするための方法について、世界一わかりみ深く説明致します!!複数回シリーズでお届けしている第9回目は、「次世代サーバーレスアーキテクチャDurable Functions 〜理論編〜」と題しまして、Durable Functionsの内部的な動作について説明します!!
【2021/12/23(木) 12:00〜13:00】

こんにちは、サイオステクノロジー武井です。今回は、C#でJSONのレスポンスを受け取るRest APIを書く方法についてです。100番煎じくらいかと思いますが、自分への備忘録のために書きます。

APIの仕様

APIの仕様を以下とします。

リクエスト

URL
https://api.example.com?apiKey=hogehoge
Method
Post
Content Type

application/json

Request Body
{“question”: “ちょうしはどう?”}

レスポンス

Response Body
{“answer”: “(´・ω・`)”}

ソースコード

先のAPIの仕様を実現するソースコードは以下のとおりです。

まとめ

今回は自分への備忘録のためだけにかきました。すみません(´・ω・`)





ご覧いただきありがとうございます。
ブログの最新情報はSNSでも発信しております。
ぜひTwitterのフォロー&Facebookページにいいねをお願い致します!



>> 雑誌等の執筆依頼を受付しております。
   ご希望の方はお気軽にお問い合わせください!


ご覧いただきありがとうございます! この投稿はお役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

2人がこの投稿は役に立ったと言っています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*